2020年01月29日

ジャパンキャンサーフォーラム2019 講演「リンパ浮腫」より (2)~リンパ浮腫の予防と治療の最新情報~

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

登壇した一般社団法人日本リンパ浮腫学会理事長で
貝塚病院・乳腺外科部長の北村薫先生

 2019年8月、国立がんセンター築地キャンパス研究棟にて開催された「ジャパンキャンサーフォーラム2019」(主催・運営:認定NPO法人キャンサーネットジャパン)。

 本フォーラムにてて行われた貝塚病院・乳腺外科部長・一般社団法人日本リンパ浮腫学会理事長の北村薫先生の講演「リンパ浮腫 〜リンパ浮腫学におけるエビデンスと実臨床のギャップ」(共催・一般社団法人日本リンパ浮腫学会)をもとに、リンパ浮腫の予防と治療に関する最新情報を紹介します。

ガイドラインと実際の治療の間には、ギャップも

 2018年に発行された「リンパ浮腫診療ガイドライン 第3版」にも記載されていますが、肥満は上肢のリンパ浮腫の危険因子であり、体重管理指導はリンパ浮腫の治療に有効であることがほぼ確実です。

 さらに圧迫をした状態でのエクササイズ(負荷運動)は上肢リンパ浮腫の発症率を下げ、すでに発症した人でも、エクササイズにより症状がひどくなることはないという事実が最近明らかになり、こちらも同ガイドラインに記載されています。

 「体重管理」と「運動」は、このようにエビデンスがあるにも関わらず、実際の治療の現場ではまだあまり取り入れられていません。一方、エビデンスが無いにも関わらず、治療の現場で避けられている、または逆に積極的に行われていることがあります。

 例えば、血圧測定や採血は医療の現場で避けられてきたかと思いますが、これらによってリンパ浮腫が悪化するというエビデンスは存在しません。また飛行機に乗ることも悪化すると言われてきましたが、そういうデータはありません。

 セラピストが行う「用手的リンパドレナージ」については、上肢リンパ浮腫の予防においては、ガイドラインの推奨グレードはC1「科学的根拠がないので、勧められない」、治療においてはC2「行うことを考慮してもよいが、十分な科学的根拠がない」とされています。

 また「リンパ管静脈吻合術」「血管柄付きリンパ節移植術」「脂肪吸引術」といったリンパ浮腫に対する外科治療については質の高い研究がないため、すべて推奨グレードC2「行うことを考慮してもよいが、十分な科学的根拠がない」となっていて、まだ外科治療を積極的に勧められる状況ではありません。

【科学的根拠に基づいた、リンパ浮腫指導管理(予防)】
<優先順位 高>
◎感染リスクの回避...皮膚合併症の予防・治療、スキンケア
◎体重管理...肥満の予防、標準体重の維持
◎運動

<優先順位 低>
△シンプルリンパドレナージ(セルフケア)

【科学的根拠に基づいた、リンパ浮腫複合的治療】
<優先順位 高>
◎圧迫療法
◎圧迫下の運動
◎体重管理

<優先順位 中>
○用手的リンパドレナージ(セラピストが行う)
 ...圧迫との併用が原則、真に必要な症例を見極める必要あり

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。
(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
02月26日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
乳房再建を自分の言葉で話す会(NJH)
02月27日(木) 宮城県
医師・医療スタッフ・保健師向け
第4回 仙台医療センターがん診療連携講演会
02月27日(木) 宮城県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
第11回 がん看護学分野講演会「がん緩和ケアにおける アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」
02月27日(木) 東京都
患者さん・一般の方向け
NPO法人 ブーゲンビリア 徳洲会乳がん勉強会とおしゃべりサロン
02月27日(木) 広島県
患者さん・一般の方向け
呉医療センター・中国がんセンター 2019年度 乳がんサロン
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ