2019年10月17日

乳がんとアピアランスケアに関する意識調査 外見のケアに悩むがんの女性は多い

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル


 アデランスは、乳がんに罹患したことのある全国の女性515人を対象に、「乳がんとアピアランスケアに関する意識調査」を実施した。治療と仕事を両立している女性が多い一方、外見のケア(アピアランスケア)についての悩みが多い現状が浮き彫りになった。

乳がんで辛かったのは「精神的な不安」 「外見の変化」も

 近年、がん医療の進歩により、社会とのつながりを保ちながら治療を続けることができるようになり、外見のケア(アピアランスケア)の重要性がいっそう高まっている。

 がんやがん治療により、脱毛や皮膚・肌の変化、手術痕など外見に変化が起こることがある。アデランスは、そうした外見の変化に悩む人のQOL(生活の質)向上を目的に、JIS規格に適合した医療用ウィッグの販売や、病院内へのヘアサロン出店などの取り組みを行っている。

 10月は乳がんの早期発見・治療を促す「ピンクリボン月間」。乳がんへの意識が高まるこの時期に、乳がん経験者を対象にアピアランスケアに関する意識調査を実施した。

 その結果、乳がんに罹患した際に辛かったこととして、「精神的な不安」を挙げた女性が64.9%ともっとも多いという結果になった。続いて「手術による乳房切除」(46.2%)、「経済的な負担」(35.0%)となっており、精神的な部分だけでなく、外見の変化や経済面でも、がん治療による負担が大きいことが示された。

 また、もっとも辛かったことを1つだけ尋ねたころ、同様に「精神的な不安」(33.4%)挙げた女性がもっとも多かった。また、「手術による乳房切除」(21.9%)や「脱毛」(11.7%)といった外見の変化が、「経済的な負担」(7.8%)や「体の痛み」(7.6%)よりも上位に挙げられた。

 さらに、乳房切除や脱毛、皮膚の変化、爪の変形・変色といった治療による"外見の変化"に関する回答をした人は合計で36.5%に上った。


治療と仕事を両立している女性が半数超

 乳がんへの罹患後、仕事は継続したか尋ねたところ、「治療をしながら仕事を続けた」と回答した人が59.0%に上り、約6割の人はがん治療をしながら、仕事も続けており、治療と仕事を両立している女性が多いことが分かった。

 一方で、「仕事は退職した」(20.1%)との回答も多く、治療と仕事の両立にはハードルがあることも窺える結果になった。

 「治療をしながら仕事を続けた」と答えた女性に対し、治療と仕事を両立するうえで苦労をしたことを尋ねたところ、もっとも多かったのは「苦労したことはなかった」(36.5%)だった。受け入れる企業側の体制や、一緒に働く同僚の理解の高さが窺える。

 一方、苦労を感じた人の中では「脱毛など外見の変化へのケア」(19.8%)と回答した人がもっとも多い結果になった。「上司や同僚に病気のことを伝えづらかった」(17.8%)、「通勤が大変だった」(15.2%)、「治療の副作用で業務に支障をきたしてしまった」(14.7%)も上位に挙げられた。


半数が外見の変化を経験 アピアランスケアで多いのは「ウィッグの着用」

 乳がんに罹患した際、外見の変化があったか尋ねたところ、「あった」と回答した女性は48.3%で、約半数が何らかの外見の変化を経験している。

 外見の変化でもっとも気になったところとして、半数以上が「脱毛」(53.0%)を挙げた。続いて、「手術による乳房切除」(23.3%)、「手術痕」(13.3%)との回答が多かった。

 外見の変化が「あった」と答えた女性に、外見の変化へのケア(アピアランスケア)として行ったことを尋ねたところ、もっとも多かったのが「ウィッグの着用」(63.5%)という回答だった。続いて「医療用帽子の着用」(38.6%)、「メイク」(19.7%)、「ネイルのケア」(18.5%)が挙げられ、とくに脱毛へのケアを多くの女性が行っていたことが明らかになった。

 ウィッグを着用することによる変化を尋ねたところ、約7割の女性が「外出できるようになった」(69.0%)と回答。「他人の目が気にならなくなった 」(33.5%)、「気持ちが明るくなった」(25.3%)との回答も多かった。


医療用ウィッグ「ラフラ」 病院内ヘアサロンも展開
 アデランスは、医療用ウィッグブランド「ラフラ」を展開している。「ラフラ」は、2005年に誕生した、病気や治療によるデリケートな髪の悩みを抱える人のための医療用ウィッグ。

 全ての商品が、医療用ウィッグと附属品の仕様について規定されているJIS規格「JIS S 9623」の規格要求事項に適合しており、日本毛髪工業協同組合が認証するJIS製品規格適合マーク「Med・ウィッグマーク」の使用が許諾されている。

 商品名の「ラフラ」には、「悩みを解消し、元気を回復してほしい」「美しく輝く姿でいて欲しい」との強い想いが込められている。

 同製品では、患者の声を活かし、柔らかさ、フィット感、違和感のない付け心地などさまざまな工夫を施し、品質改良を重ねている。快適に使える機能性にあわせて、「やさしい商品」「やさしい接客」「やさしい環境」の3つを守りながら、回復までをしっかりサポートするとしている。

 同社グループは2002年より、病院内に理美容室(病院内ヘアサロン)を開設し、脱毛に関するご相談対応をはじめウィッグの提供からアフターケア、理美容技術サービス、メイク・ネイルの施術など、アピアランスケアをワンストップで提供している。

 2019年10月時点で、国内32店舗、海外8店舗を展開している。患者が安心して医療用ウィッグを利用できる体制を整えるために、接客にあたるスタッフ全員に対し、外部講師による医療接遇講習の受講を義務付けている。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
11月13日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
乳房再建を自分の言葉で話す会(NJH)
11月13日(水) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
四国がんセンター 2019年度 がんと心 ストレスマネジメント ~からだとこころを整える~
11月13日(水) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
セルポートクリニック横浜 【 2019年11月開催:乳房再建説明会のご案内 】
11月14日(木) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
2019年度 がん哲学外来 坂の上の雲 暖だんカフェ
11月14日(木) 千葉県
患者さん・一般の方向け
ピア・サポーターズサロンちば
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ