2019年10月07日

インプラントによる乳房再建手術を受けた方へ 今後の検査、交換時期など 〜ジャパンキャンサーフォーラム2019 講演「乳房再建」より〜

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

登壇したがん・感染症センター都立駒込病院
形成再建外科部長・寺尾保信先生

 2019年8月に開催された「ジャパンキャンサーフォーラム2019」(主催・運営:認定NPO法人キャンサーネットジャパン)において、がん・感染症センター都立駒込病院 形成再建外科部長・寺尾保信先生による講演「乳房再建 〜乳がん治療の選択肢としての乳房再建:ここまでできる!」(共催・NPO法人エンパワリング ブレストキャンサー)が行われました。

 この記事では、講演の中で紹介されたブレスト・インプラント(人工乳房)による乳房再建手術を受けた方に向けての情報をお伝えします。

インプラントを入れて5年以上経過している方は毎年受診・検査を

 米食品医薬品局(FDA)が2019年7月、日本で唯一保険適用が認められているアラガン社のテクスチャード加工ブレスト・インプラントが「ブレスト・インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫(BIA-ALCL)」の原因となっていると発表したことを受け、ブレスト・インプラント(人工乳房)による乳房再建手術を受けた方の間で、大きな不安の声が聞かれます。今後、いったいどのように対応すればよいか、寺尾先生からお話がありました。

 「日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会が発表した内容にもあるように、無症状の患者さんに対する予防的なインプラントの摘出は推奨していません。また保険適用後に手術を受けた方には『インプラントの破損や合併症の発見のために、最低10年の定期的な診察と2年に1度の画像検査を推奨』とお伝えしていると思いますが、インプラントが入っている限りはずっと定期的な診察を受けていただきたいですし、入れてから間もないうちは2年に1度でもよいですが、5年以上経過している方やわずかでも漿液腫ができている方はぜひ毎年診察を受けてください」(寺尾先生)

 検査方法については「基本的には超音波でよいと思いますが、何か気になる点があればMRIを受けていただきたい。また『自己検診の継続を』と学会が発表した内容にありましたが、どのように自己検診をすればよいかという情報がまだ無いので、変化があればすぐに病院に来ていただきたいです」(寺尾先生)

 また、交換については「これは学会が発表した内容には無かったのですが、私は大事だと思うので付け加えます。10年越えたら入れ替えてください。BIA-ALCLが平均10年くらいで発症するということは、計算上では10年で交換すれば発症する人が半分になりますから」(寺尾先生)

 さらにインプラントによる乳房再建が保険適用になる2013年7月以前に、アラガン社でないインプラントを入れた方に向けては「保険適用になる前、駒込病院では、メンターという会社のインプラントを使用していました。このメンター社のものはアラガン社よりもリスクは低いのですが、検査や交換については同じように対応していただきたい」

 また、保険適用前に自費でアラガン社のインプラントを入れた方に対しては「病院に通っていない方もいるかもしれないので、まずは急いで検査を受けていただきたい」と今後の対応をすすめました。

保険適用後に手術を受けている方へ

<検査>
・インプラントが入っている限りはずっと定期的な診察を受けたほうがよい
・入れてから間もないうちは2年に1度でもよいが、5年以上経過したら毎年受診を
・検査方法は、基本的には超音波。気になる点があればMRIで

<交換>
・インプラントは10年過ぎたら交換を

保険適用前に手術を受けている方へ

・他社のリスクが低いインプラントを入れている方も、念のため「保険適用後に手術を受けている方」と同様の対応を
・保険適用前に自費でアラガン社のインプラントを入れた方は、至急検査を

ジャパンキャンサーフォーラム2019
認定NPO法人キャンサーネットジャパン
NPO法人エンパワリング ブレストキャンサー


■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
11月13日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
乳房再建を自分の言葉で話す会(NJH)
11月13日(水) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
四国がんセンター 2019年度 がんと心 ストレスマネジメント ~からだとこころを整える~
11月13日(水) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
セルポートクリニック横浜 【 2019年11月開催:乳房再建説明会のご案内 】
11月14日(木) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
2019年度 がん哲学外来 坂の上の雲 暖だんカフェ
11月14日(木) 千葉県
患者さん・一般の方向け
ピア・サポーターズサロンちば
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ