2019年10月03日

乳房再建用のインプラントで発症する悪性リンパ腫とは 〜ジャパンキャンサーフォーラム2019 講演「乳房再建」より〜

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

登壇したがん・感染症センター都立駒込病院
形成再建外科部長・寺尾保信先生

 2019年8月、国立がん研究センター築地キャンパス研究棟にて開催された「ジャパンキャンサーフォーラム2019」(主催・運営:認定NPO法人キャンサーネットジャパン)において、がん・感染症センター都立駒込病院 形成再建外科部長・寺尾保信先生による講演「乳房再建 〜乳がん治療の選択肢としての乳房再建:ここまでできる!」(共催・NPO法人エンパワリング ブレストキャンサー)が行われました。


開演の挨拶を行ったNPO法人
エンパワリング ブレストキャンサーの真水美佳理事長

 ブレスト・インプラントを用いた乳房再建において、公的医療保険(健康保険)の適用が認められているブレスト・インプラント(人工乳房)とティッシュエキスパンダー(組織拡張器)の、製造・販売を行うアラガン社が7月に販売停止・自主回収を決定したことを受け、会場は情報を求める人たちであふれ返っていました。

販売停止・自主回収の理由となったリンパ腫「BIA-ALCL」とは

 講演の前半、一般社団法人日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会が発表している内容について、寺尾先生がわかりやすく解説してくれました。まずは、販売停止・自主回収の原因となった「ブレスト・インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫(BIA-ALCL)」について。

 「インプラントの周りに自分の体が被膜をつくるのですが、そこから発生するまれなリンパ腫です。もともとALCLは悪性度としては中間ぐらいのがんですが、一般的なALCLと比べてBIA-ALCLはゆっくりと進行します。人工物はなんであれ、長期間体内に留置するとALCLを発症する可能性がありますが、中でも保険適用になっているアラガン社のインプラントとエキスパンダーがなりやすい。その理由はBiocellというテクスチャード加工をされた表面構造にあります」(寺尾先生)

 以下、BIA-ALCLの頻度、症状、治療についての寺尾先生の説明をまとめました。

 <頻度>

・アラガン社のインプラントは、約3,300人に1人(0.03%)に発症

・アラガン社のインプラントは、他社の製品に比べて発症リスクが約6倍

・全世界での発症は573例で、死亡例は33例(5.8%)

 <症状>

・インプラント挿入後、平均9年で発症

・症状は、インプラントのまわりに体液がたまる遅発性漿液腫(約80%)、腫瘤(約40%)、疼痛、腫脹(炎症で腫れ上がる)など

 <治療>

・病変が被膜内にとどまっている場合(ステージI)は、被膜切除とインプラント抜去で治癒が期待できる

・リンパ節などの転移が伴う場合(ステージⅡ〜Ⅳ)は、化学療法や放射線治療が必要


インプラントによる乳房再建手術を受けた方へ 今後の検査、交換時期など に続く

ジャパンキャンサーフォーラム2019
認定NPO法人キャンサーネットジャパン
NPO法人エンパワリング ブレストキャンサー


■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
10月18日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
がん制度大学 テーマ2 障害年金と手続き
10月19日(土) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
第17回 川崎駅前 がん哲学外来・カフェ
10月19日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野
10月19日(土) 大阪府
患者さん・一般の方向け
リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ
10月19日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
乳房再建を自分の言葉で話す会(NJH)
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ