2018年11月08日

医学博士が考案した和のエクササイズ「歌舞伎体操」で 美しい姿勢と強い体幹を手に入れる!(1)

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

医学博士が考案した歌舞伎体操を、歌舞伎役者が指導

 QOL(生活の質)の維持・向上のために、何か運動がしたいと思うがんサバイバーは多いかと思います。代表的な運動としては、エビデンスが報告されているヨガやウォーキングがありますが、「自分にできるか自信がない」「もともと運動が好きではないから、長続きしそうにない」といった声も聞きます。

 「何かほかに、おもしろそうなエクササイズは?」とお探しの方におすすめしたいのが、歌舞伎体操です。医学博士の湯浅景元先生が考案した体操で、歌舞伎独特の動きを模倣することで、体幹や大きい筋肉に刺激を与え、正しい姿勢を身につけることができます。


なりきり歌舞伎体操(監修/湯浅 景元)

 山形県鶴岡の一般家庭から歌舞伎役者をめざし、高校卒業後、1998年国立劇場第十五期歌舞伎俳優研修生となり2000年修了。2001年中村橋之助(現・中村芝翫)一門に入門。同年4月に、国立劇場『夏祭浪花鑑』の捕手ほかで初舞台に立った橋吾さん。2008年に出版された書籍「なりきり歌舞伎体操」(ポプラ社) のモデル・編集協力を務めた縁から、体操教室を開催しています。(およそ月1回・不定期)

 「講師にと、お声がけいただいた時、『目立つようなことは...』とお断りしようとしたのですが、師匠である芝翫から『皆様に教えることで、歌舞伎はもちろん、いろいろなこと学べるのだからお受けしなさい』と言われ、今に至っています」(橋吾さん)

正しい姿勢ひとつで、若々しい印象に


歌舞伎体操教室の様子。まずは正しい立ち方の指導から

 参加したのは、10月20日に東京都の築地社会教育会館で開催された「歌舞伎体操教室」です。ほかの参加者は、歌舞伎好きの方、美しい所作を身につけたい方、そして体を動かしたい方など理由はさまざま。そして年齢もさまざまでした。

 体操教室といっても、いきなり動くのではなく、最初は「正しい姿勢」から学びます。「耳・肩・腰は一直線」の状態にするのがポイントで、これは歩いている時、そして座っている時も同様です。お辞儀をするときにも「耳・肩・腰は一直線」を意識すると大変美しく見えますが、何も意識せずにお辞儀をすると、首から前に出て、背中が丸くなってしまう人が多くなります。

 「首を前に出して背中を丸くするのは、お年寄りの役の時です。普段から正しい姿勢を意識すれば、若々しくなりますよ」そう話しながら、パッとお年寄りの演技をする橋吾さん。「ああ、周りからこう見えてしまうんだ」と思い、ドキッとしました。

歌舞伎役者になりきって体幹を鍛える!気分転換も!


歌舞伎体操教室の様子。体幹を鍛え、
お腹まわりの引き締めが 期待できる「箱割」のポーズ

 その後は、歌舞伎の動作を元にした動きやポーズを行います。両足を左右に広げて腰をまっすぐ落とす「箱割(はこわり)」、腰を落とした姿勢のまますり足で進む「じりじり」、そして「見得(みえ)」。

 ゆっくりした動きにも関わらず、体が温かくなり、お腹や太ももといった大きな筋肉にしっかりと効いてきます。また声を出しながら体を動かしたり、役者さん気分で見得を切ったりするのは楽しく、気分もスッキリしました。

気分が前向きになる和のエクササイズ「歌舞伎体操」で正しい姿勢を見直そう!(2) へ続く

■協力

歌舞伎体操を指導して下さいました歌舞伎役者の中村橋吾さん。師匠は八代目中村芝翫さん。

<プロフィール>中村橋吾(歌舞伎役者/屋号成駒屋)
山形の一般家庭から歌舞伎の世界に入る。1998年より国立劇場第15期歌舞伎俳優研修生。2001年中村橋之助(現・八代目芝翫)に入門。歌舞伎座をはじめ、平成中村座、コクーン歌舞伎、海外公演で活躍。2013年名題昇進。2014年第20回日本俳優協会奨励賞受賞。2018年カリフォルニアプルーン協会初代ブランドアンバサダー就任。

なりきり歌舞伎体操
中村橋吾の橋吾談

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなど

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
11月17日(土) 新潟県
患者さん・一般の方向け
がん治療と就労 両立支援セミナー
11月17日(土) 三重県
患者さん・一般の方向け
第58回あけぼのハウス三重「ヨガ講座」
11月17日(土) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
がん哲学外来 坂の上の雲 暖だんカフェ
11月17日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
第4回男性乳がんの会メンズBC
11月18日(日) 宮城県
患者さん・一般の方向け
Pink Ring【東北branch】【Cancer Share Time―若年性乳がん体験者と支援者が語り学ぶ1日―】
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ