2018年09月12日

乳がんの新たな検査法を開発 マンモグラフィーの欠点を克服 神戸大

キーワード:治療
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
 ごく弱い電波を発信する機器で乳房の表面をなぞるだけで、乳房の中まで立体的に写しだし、乳がんを高い精度で発見できる新たな画像検査法を、神戸大学の研究グループが開発した。

痛くない高感度の乳がん検査を開発

 神戸大学が、乳がん検診で使われている従来のマンモグラフィーのように圧迫感や痛みがなく、鮮明な立体画像が得られる検査法を開発した。来年度中に臨床試験を始め、検診での普及を目指す。

 マンモグラフィー検査は40歳以上を対象に集団検診として行われている。従来のマンモグラフィーでは、高濃度乳房の場合は、乳がんの可能性のある病変が乳腺組織に隠れてしまい、正常組織と区別できる割合が低下するという欠点がある。

 白人女性の約6割、55歳以下のアジア人女性の約8割が高濃度乳房とされている。また、X線による放射線を被曝するというデメリットがある。

 一方、超音波検査は、乳腺密度の影響を受けずに病変をみつけられ、痛みもないというメリットがあるが、超音波で得られる画像の再現性が低いというデメリットもある。

 研究チームが開発したのは、被曝がなく、造影剤も使用せず、乳房を圧縮することなく、乳房の自然な形状を保った状態で計測できる新たな画像検査法。

 わずか数秒以内に両側乳房全体の内部構造の3次元画像が構成されるという。

 これまでの臨床研究で、年齢、乳房のタイプによらず90%以上という高い割合で乳がんを検出できることが実証された。数cm以上の深さで500μmの乳がんを検出できるという。

 研究を進めているのは神戸大学数理・データサイエンスセンターの木村建次郎教授らの研究チーム。木村氏はこの研究により、2017年に日本医療研究開発機構(AMED)理事長賞を受賞した。

従来の乳がん検診の欠点を克服する技術を開発

 乳がんの2017年度の罹患数予測は約8万9,100人、死亡者数予測は1万4,400人。現在、30〜60歳代の女性における死因の1位となっている。

 しかし、2016年度の厚生労働省の「国民生活基礎調査」によると、乳がんを含めたがん検診の受診率はおよそ45%だ。

 「乳房の圧迫痛がある」「X線被爆がある」といった欠点が、乳がん検診の実施率の低下につながっている。

 研究チームが開発したのは「極微弱電波を用いたマンモグラフィ」。被爆せず、造影剤が不要で、従来の乳がん検診の欠点を克服する技術だ。

 コンピューター断層撮影(CT)の基本的な仕組みは、透過性が高い波動が物体内部で遮断・吸収されると、それがコントラストを生み、さまざまな角度からの画像を処理できるようになるというもの。

 これに対し研究チームは、乳がん組織と正常組織との界面で電波が反射することに着目。CTとは反対に、透過性が低く散乱の大きな波動を用いた3次元構造を逆解析する技術の開発に、10年以上前から取り組んでいる。

 開発に成功したのは、携帯電話の1,000分の1以下の微弱な電波を用いたマンモグラフィで、がん付近の血管で反射した電波の波形を解析し、数秒程度でがん組織の3次元画像を作ることができる。従来の方法の数千倍以上の性能があるという。

 これまで240人の臨床試験を実施し、乳がんの高い検出感度が実証されている。来年度中に臨床試験を始め、検診での普及を目指す。

 「乳がんで苦しむ女性が一人でも少なくなることを願い、このシステムの早期の実用化を目指している。世界に普及させ、乳がんが原因の死亡を世界でゼロにしたい」と、木村氏は話している。
神戸大学数理・データサイエンスセンター

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
11月17日(土) 新潟県
患者さん・一般の方向け
がん治療と就労 両立支援セミナー
11月17日(土) 三重県
患者さん・一般の方向け
第58回あけぼのハウス三重「ヨガ講座」
11月17日(土) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
がん哲学外来 坂の上の雲 暖だんカフェ
11月17日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
第4回男性乳がんの会メンズBC
11月18日(日) 宮城県
患者さん・一般の方向け
Pink Ring【東北branch】【Cancer Share Time―若年性乳がん体験者と支援者が語り学ぶ1日―】
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ