2016年03月
1. 乳がんと診断されたら

1. 準備

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

乳がんにはたくさんの治療法があるので、ご自身の乳がんの状態を知り、最適な治療を選ぶために、焦らず落ち着いてじっくりと考えることが大切です。また信頼できる専門医を見つけること、乳がんという病期に関する正しい情報を集めることも必要となります。また乳がんの治療では、入院や定期的な通院が必要となるため、仕事や家事、社会活動、日常生活にも影響が及びます。できれば周りの人に病気のことを伝え、理解と協力を得ておいたほうがよいでしょう。

乳がんの治療は自分で決めることがいっぱい
まずは気持ちを落ち着かせて

 乳がんの治療は手術、薬、放射線などを組み合わせて行い、何通りもの治療法があります。どれが最適な治療なのかを、担当医できちんと話し合った上で、ご自身が決めなくてはいけません。

 しかし乳がんと告げられるのは大きな衝撃で、誰しもが混乱し、気持ちが焦ることでしょう。とはいえ、不安な気持ちに取りつかれているとじっくり考えることができませんから、まずが気持ちを落ち着かせることが大切です。医療者や経験者、家族や親しい友人につらい気持ちや不安を吐き出すことで、気持ちが少し軽くなるかもしれません。身近な人に話すのが難しい場合には、全国のがん診療連携拠点病院に設置されている「相談支援センター」のスタッフに話を聞いてもらうのもよいでしょう。電話でも直接会って話すこともできます。

<Point>

■治療に向けて日常生活の調整について
病理診断の重要性と治療に向けて日常生活の調整

がん相談支援センターを探す

 その後は、信頼できる専門医を見つけること、情報を集めることが大切です。

 信頼できる医師とは、がん治療に精通していて、患者さんの病状や希望を十分理解した上で、最も良い治療を一緒に考えてくれる医師です。

 例えば......

  • 患者の顔を見もしない
  • 患者が理解できるようなわかりやすい説明をしない
  • 質問をするといやな顔をする
  • 治療法の説明をして「あとはあなたの選択ですから」と放り出す

というような医師と信頼関係を築くのは難しいと思われます。

 情報についてですが、本やインターネットには有用な情報もありますが、不確かな情報や、時代遅れの情報が載っているものもありますので注意しましょう。

がん相談支援センターを探す(国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービス)

これから始まる治療のため、周囲の理解と協力が大切

 乳がんの治療では、入院や定期的な通院が必要となるため、仕事や家事、社会活動、日常生活にもある程度影響が及びます。できれば周りの人に病気のことを伝え、理解と協力を得ておいたほうがよいでしょう。

 今後は、病気のことや治療内容について聞かれる機会が増えるかと思います。必ずしも詳細に伝える必要はありませんが、「病名」「治療内容」「今の状態」「今後の見込み」など、聞かれそうなことについては、あらかじめ答えを準備しておくと尋ねられたときに動揺せずにきちんと伝えることができます。

 また就業している人は、会社の就業規則の「休職/欠勤」の項目をよく確認しましょう。休職は法律に定められている制度ではありませんので、休職制度を採用しているのか、そしてその内容は会社の裁量で決めることができます。主治医の診断書を提出し、人事部や総務部、できれば職場の上司も一緒に、就業規則をもとにどれくらい会社を休むことができるのかを、事前に相談しておきましょう。

<Point>

■診断や治療のスケジュールを把握する
診断治療が仕事に及ぼす影響や両立の工夫について

ちょっと一言!

 夫が入院した時、どうしても担当医、看護師の対応に納得できず、その日のうちに夫と家に戻り、別の病院を探すことに。数日後、信頼できる専門医に巡り会え、夫もすっかり元気になりました。「あの時、脱走してよかったね」と今もよく話をしています。受診や入院してしまったら最後!その病院にしなければいけないということはありません。きちんと自分に合った環境で治療を受けましょう。

<Point>

■自分の意志で医師・病院選び セカンドオピニオンも視野に
私が「患者」になって気づいたこと (体験談例)

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
11月17日(金) 北海道
患者さん・一般の方向け
旭川医科大学病院 腫瘍センター がん患者サロン ほっとピアセミナー「抗がん剤治療に伴う外見の変化へのケア」
11月18日(土) 愛知県
患者さん・一般の方向け
豊田厚生病院 第84回 がんサロン "煌(きらめき)" 「最近のがん相談の話題」
11月18日(土) 静岡県
医師・医療スタッフ・保健師向け
第11回がん看護フォーラム21 テーマ:今さら聞けないがん薬物療法とその副作用
11月18日(土) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
ピンクリボン湘南ウォーク
11月18日(土) 宮城県
患者さん・一般の方向け
がん患者さん支援のためのピアサポーター育成研修会 ~がんサロン編~
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ