2016年03月
6. 乳がんの基礎知識

乳がん関連用語集

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

からだに関する用語

乳腺 にゅうせん mammary gland 乳房の中にある、乳汁を分泌する器官。15~20の腺葉と呼ばれる組織で構成され、腺葉は乳管と小葉という組織で構成されている。乳がんの約9割は乳管に発生。
乳頭 にゅうとう nipple 乳首の別名で、乳房の中央にある乳腺の開口部。
大胸筋 だいきょうきん greater pectoral muscle 胸の前面を覆う筋肉。
小胸筋 しょうきょうきん musculus pectoralis minor 大胸筋の下にある筋肉。

乳がんの様子に関する用語

病期(ステージ) びょうき stages 乳がんの進行を表すもの。しこりの大きさ(T)、リンパ節への転移(N)、遠隔転移(M)で0・I・II・III・IVの5期に分類される。
病変 びょうへん issue 病気になって起こるからだの変化のこと。狭義では、腫瘍など異常な組織を指す。
進行乳がん しんこうにゅうがん advanced breast cancer しこりが5cm以上、リンパ節への転移がみられる乳がん。病期(ステージ)がⅢ期以上。また炎症性乳がんのことを示す。
局所進行乳がん きょくしょしんこうにゅうがん locally advanced breast cancer がんが乳房表面の皮膚や胸壁に及ぶ、また、鎖骨上リンパ節にまで転移が及んでいる病期(ステージ)3B、3C期の乳がん。
炎症性乳がん えんしょうせいにゅうがん inflammatory breast cancer しこりはみられないが、乳房の表面の皮膚が赤くむくむなど、乳房に炎症があるような症状をみせる乳がん。
多発性 たはつせい multiple- 同時に2カ所以上の場所で病変ができること。
遠隔転移 えんかくてんい distal metastasis, metastatic 最初にがんが発生した場所から遠く離れた臓器やリンパ節にがん細胞が転移すること。
石灰化 せっかいか calcification 乳房の一部にカルシウムが沈着したもの。様々な原因で起こるが、小さいものが一カ所にたくさん集まっている場合には、乳がんの可能性がある。
非浸潤がん ひしんじゅんがん non-invasive cancer がん細胞が乳管や小葉の内側でとどまっている早期がんのこと。転移のリスクが低く、手術のみで根治できる。
浸潤がん しんじゅんがん invasive cancer 乳管や小葉の幕を破り、がん細胞が染み出した状態。

「リンパ」に関する用語

リンパ管 りんぱかん lymph vessel 血管のように全身に広がる管で、過剰な組織液(細胞と細胞の間にある液体)を回収する。
リンパ節 りんぱせつ lymph node リンパ管にところどころある膨らみで、免疫抗体を産生し、細菌や異物を処理する。
腋窩リンパ節 えきかりんぱせつ axillary lymph node わきの下にあるリンパ節のこと。
鎖骨下リンパ節 さこつりんぱせつ subclavicular lymph node 鎖骨の下、第1肋骨の上のあたりにあるリンパ節のこと。
リンパ節郭清 りんぱせつかくせい Lymphadenectomy リンパ節を手術で取り除き、実際に転移があるかどうかを調べること。
リンパ浮腫 りんぱふしゅ lymphedema, lymphatic edema リンパ節郭清や放射線療法の影響で、リンパ液がたまって腕がはれること。

手術や再建に関する用語

(乳房)温存 (にゅうぼう)おんぞん breast conservation, breast-sparing 乳房を部分的に切除して、がんを取り除く方法。
乳房再建 にゅうぼうさいけん breast reconstruction 乳房切除術(全摘術)で失ったり、乳房温存手術で変形したりした乳房を、形成外科の技術で新しく作り直し、乳がんになる前のような胸のふくらみを取り戻す手術。
自家組織 じかそしき autograft 乳房再建のときに使用する、自分の体の組織。
人工物 じんこうぶつ artifact 乳房再建のときに使用するシリコンなどの素材。自分の組織(自家組織)を使うことと区別する意味で使う。
一次再建 いちじさいけん immediate breast reconstruction 乳がん手術と同時に行う乳房再建手術。
二次再建 にじさいけん secondary breast reconstruction 乳がん手術を終えてから、一定の期間をおいて行う乳房再建手術。
皮弁 ひべん flap 皮膚や脂肪、筋肉、血管をつけたまま、ひとかたまりに採取したもの。移植用の組織。または皮弁を血行のある状態で他の部位に移植する方法(皮弁法)。
インプラント いんぷらんと implant シリコンなどの素材でできた人工乳房。皮膚の下に入れてふくらみを出す。
エキスパンダー えきすぱんだー expander 皮膚を伸ばすための、シリコン製の袋。生理食塩水を少しずつ注入して、徐々に皮膚をのばしていく。

検査や治療に関する用語

病理検査 びょうりけんさ pathology 細胞や組織を採取して、調べる検査。
病理結果 びょうりけっか pathological diagnosis 病理検査の結果のこと。
全身療法 ぜんしんりょうほう general treatment からだ全体に潜んでいる可能性があるがん細胞を死滅させる治療方法。乳がんの場合では、薬物療法のこと。
局所治療 きょくしょちりょう local treatment 乳房の中にあるがん細胞を切除したり、死滅させたりするために行う治療。乳がんの場合では、手術、放射線療法のこと。
ホルモン受容体 ほるもんじゅようたい hormone receptor ある特定のホルモンと結合するたんぱく質。結合すると細胞増殖などの反応が起こる。「ホルモン療法」では、ホルモン受容体に働きかけることで、がんの増殖を抑える。
アロマターゼ(阻害薬) あろまたーぜ(そがいやく) aromatase (inhibitor) 体内にある酵素。閉経後は副腎からエストロゲンを作るが、そのときに必須となる。
バイオマーカー ばいおまーかー biomarker 尿や血液に含まれる物質で、健康状態や病期の存在などを知ることができる指標。
HER2 はーつー2 HER2 乳がんのバイオマーカーの1つ。たくさんあると細胞増殖にの制御がきかなくなる。
Ki67 きー67 Ki67 乳がんのバイオマーカーの1つ。細胞の増殖の程度を表す。

関連ニュース・トピックス

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
11月20日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
術後1年未満の方のための【安心ジムトレーニング教室】
11月20日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
キャンサーフィットネス  がん患者のための入門ウォーキング教室
11月22日(水) 宮城県
患者さん・一般の方向け
仙台医療センター 緩和ケア教室「がんの痛み教室」
11月22日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
第23回 ONCOLO Meets Cancer Experts(OMCE):がんに対する補完代替療法
11月22日(水) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
四国がんセンター がんと遺伝 遺伝性腫瘍セミナー「子宮体がんや卵巣がんが関係する遺伝性腫瘍」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ