2021年08月12日

「医療者と患者の橋渡し」役として 乳がん体験者コーディネーター(BEC)養成講座、第17期募集中!( 2 )

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療の情報ファイル

「自らの体験を役立てたい」熱い想いから広がる活動の輪


認定NPO法人キャンサーネットジャパンの大田原りなさん

 認定NPO法人キャンサーネットジャパン(以下、CNJ)が、2007年4月から開催している「乳がん体験者コーディネーター(以下、BEC)養成講座」。

 乳がん体験者やその家族などを対象とし、科学的根拠に基づいた、良質で信頼性の高い乳がん医療情報を提供し、かつ乳がん特有の医療情報などを、患者の言葉として伝えることができる人材(=乳がん体験者コーディネーター)を養成する講座です。

 前回( 1 )は、CNJにおいてBEC養成講座が始まったきっかけや講座の特徴、受講の目的、認定者のその後の活動について、CNJスタッフの大田原りなさんにお話をうかがいました。大田原さんは、第11期のBEC認定者でもあります。

―BEC養成講座の内容、特徴を教えてください。

 インターネット環境による「いつでも」「どこでも」「最新のがん医療情報」を学べるeラーニング・システムを用いた講義です。乳がんと診断され直面する問題(主として乳がん医療情報に関する問題)解決できる、あるいは解決に導く既存の信頼性の高い情報にアクセスし、提供できる能力を約1年かけて学びます。

 【前期】
 →統計から治療、アドバンス・ケア・プランニングまで、日本を代表する講師陣による全19科目の講義視聴とレポート提出、修了試験

 【後期】
 →前期で学習した知識を活用するための実践的少人数学習プログラム。対人支援や体験者として発言する際の基本的な姿勢を学ぶ

 【前期】【後期】を修了した人が「乳がん体験者コーディネーター=BEC」として認定されます。


BEC養成講座ではガイドラインを推奨参考書とし、
キャンサーネットジャパン発刊の冊子等も活用していく

―どのような人が受講していますか?

 「ご自身(ご家族)が乳がんに罹患したため、病気を深く理解し治療に役立てたい」「がん患者団体などでピア(体験者)の立場として患者相談活動をしたい」「今後、がん医療への関与を希望している」「同じ病気の仲間とのつながりがほしい」以上の理由を受講の動機として挙げる人が多いです。

 一方で医療機関、教育機関、行政自治体、製薬会社に所属する人、ジャーナリストなどが知識向上を目的に受講する場合もあります。BECは志ある方々への門戸を広く開いています。

 社会的立場や病気とのかかわりはそれぞれですが「自身の体験を誰かのために役立てたい」という強い想いを持っている人がとても多い印象です。いわば「pay it forward」の考え方で、痛みや悲しみを知るからこその強さや優しさが伝わります。

―BEC認定者は、どういった活動をしていますか?

 2021年7月現在の認定者は287名です。患者支援・啓発活動などに携わっている人の情報は、CNJのWEBサイトにてご案内しています。

 紹介している人は本名で活動している方に限られますが、がん体験者であることを公にせずに裏方として活躍している認定者も少なくありません。

 CNJから認定者に職業を斡旋するということはありませんが、中には乳腺外科の先生と一緒に仕事をしている人や、病院職員として患者さんのサポートをしている人もいます。

 BECの仲間たちはそれぞれの活動を応援しあい、時にその熱い想いからさらに活動の輪が広がり、社会に働きかけることもあります。私たちCNJスタッフは認定者の想いを応援しています。


これまで(1〜16期)のBEC認定者287名の全国分布図

 2021年9月に開講する第17期は、7月1日(木)から募集が始まっています。割引申込期間は、【7月1日(木)~9月30日(木)】。通常申込期間は【10月1日(金」~12月20日(月)】。≪お申し込みはこちら≫

認定NPO法人キャンサーネットジャパン 乳がん体験者コーディネーター(BEC)養成講座

■乳がん体験者コーディネーター(BEC)養成講座 問い合わせ先
認定NPO法人キャンサーネットジャパン BEC講座担当
【電話】03-5840-6072(受付時間:月〜金 10:00〜17:00)
【E-mail】cinbec@cancernet.jp

■取材
・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
12月07日(火) オンライン
患者さん・一般の方向け
聖路加国際病院 就労リング 2021
12月07日(火) オンライン
患者さん・一般の方向け
オンライン「ケアラー(Carer)のため時間」
12月08日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
無料 出張相談会in八王子
12月08日(水) オンライン
患者さん・一般の方向け
がんサバイバーの女性のためのヨガ教室 "Can+s Yoga!" オンラインレッスン
12月08日(水) オンライン
患者さん・一般の方向け
オンライン「Keep Smiling ~メイクアップ・スキンケア~」
オピニオン
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建 イベント・セミナー情報 ニュース・トピックス オピニオン リリース情報 このサイトについて お問い合わせ