2021年03月17日

「乳房にエキスパンダーを入れたまま」では破損の恐れも ブレストサージャリークリニック・岩平佳子院長に聞くインプラントによる乳房再建( 3 )

キーワード:乳房再建
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル


ブレストサージャリークリニック院長で形成外科医の岩平佳子先生

美しい乳房を作るのに大切なのは、インプラントの形よりもエキスパンダーの位置と量

 「ラウンド型(おわん型)のインプラントは日本人の胸の形に合わないため、美しい乳房が作れない」という考えに対し、岩平先生は次のように話します。

 「乳房=しずく型だと思っているため、そのほうが美しく仕上がるというイメージがあるのだと思いますが、実は美しい乳房を作るのに大切なのは、インプラントの形よりもエキスパンダーの位置と中に入れる生理食塩水の量、つまり皮膚の伸ばし具合です」(岩平先生)

 エキスパンダーの位置は、健側と左右対称が正しいですが、下のほうの皮膚をより伸ばす方がいいので、気持ち下くらいの場所がベストとのことです。 「指1本分よりも上に入っている場合は、まず左右対称にはなりません」(岩平先生)

 量については、本来皮膚は縮もうとする性質があるので、ひとまわり大きめくらいが目標です。伸ばし方が足りないと被膜拘縮になりますし、皮膚を伸ばし過ぎればインプラントが回転してしまうこともあります。

アナトミカルとラウンド型、どちらに向いているかは乳輪乳頭の位置で判断


シエントラ社のマイクロテクスチャードタイプのアナトミカル型インプラント
  胸の形状に合わせて3種類から選ぶことができる

 2020年8月には、シエントラ社のインプラントが承認され、ラウンド型スムースタイプとアナトミカル型(しずく型)テクスチャードタイプのインプラントが保険適用となり、インプラントの選択肢が広がりました。

 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会によると、シエントラ社のテクスチャードタイプは「マイクロテクスチャードタイプ」とも呼ばれ、出荷停止となったアラガン社のものとは異なり、面積が少ない表面加工が特徴で、BIA-ALCL発生例の報告はあるもののリスクは格段に低いといいます。

 「アナトミカルとラウンド型、どちらにより向いているかを判断するには、健側の乳輪乳頭の位置がポイントになります。真ん中にある人はラウンド型、真ん中より下にある人はアナトミカル型。具体的に言うと、シエントラ社のアナトミカル型インプラントは、乳房の幅が11cm以上、厚みが4.2cm以上、乳頭乳輪が真ん中より下にある方に向いています」(岩平先生)

「乳房再建は不要不急?」コロナ禍で意識が10年前に逆戻り

 診察や手術などで多忙な毎日にもかかわらず、積極的に医療関係者や乳がん患者に向けた講演活動をなさっている岩平先生に、その理由をうかがうと

 「1年のうちに数回手術する先生はいても、私のように24時間乳房再建のことばかり考えているような人間がいないので、きっと呼んでくださるのでしょう。私の経験を伝える場があれば活かしていきたい。単なる町医者ですけれど、そういう部分は揺るがずにやっていきたいと考えています」 と、静かでありながら力強い言葉で答えてくれました。

 そして、コロナ禍が始まって以来、治療の現場における乳房再建への意識が変化しているのを感じると言います。

 「最近、患者さんから乳がんの治療はしても乳房再建の手術はしないと言われた、またはそういう雰囲気を感じたという話をよく聞くようになりました。『乳房再建は不要不急』といった方向に医療の現場が傾いてきてしまったのなら、これは大きな問題だと思います」(岩平先生)

 シリコンインプラントによる乳房再建セミナー「岩平ゼミ」を主催する一般社団法人KSHSの代表理事である溝口さんも「私たちがKSHSを立ち上げた約10年前に、乳房再建に対する意識が戻ってしまったように感じます。胸を張って前向きに生きていくために乳房再建は必要。乳がんになっても治療を選択し、納得して受けるためには正しい情報を得ることが大事です」と話します。


 第2回「岩平ゼミ」は2021年3月20日に開催。対象は「乳房再建後、長期(5年以上)経過した方」です。

医療法人社団ブレストサージャリークリニック
http://www.iwahira.net

■取材
・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
04月19日(月) オンライン
患者さん・一般の方向け
マギーズ東京 オンライン「ストレスマネジメント」
04月19日(月) オンライン
患者さん・一般の方向け
第14回乳がんシンポジウム@イーストコースト  〜乳がん検診、家族性遺伝とサバイバーシップの事〜 〜子宮頸がんも含む婦人科系検診〜 〜再発転移乳がん患者ができること〜
04月20日(火) オンライン
患者さん・一般の方向け
リンネット「なかまカフェ」
04月21日(水) 千葉県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
NPO法人支えあう会「α」 対面サロン 乳がん
04月21日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
ういケアみなと ウェルネスセミナー 自宅でできる簡単エクササイズ ~筋力アップ編~
オピニオン
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建 イベント・セミナー情報 ニュース・トピックス オピニオン リリース情報 このサイトについて お問い合わせ