2021年03月16日

一般社団法人KSHS 乳房再建の状況別に参加者を限定した少人数リアルセミナーを開催

キーワード:乳房再建
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル


一般社団法人KSHS代表理事の溝口綾子さん

1月から「岩平ゼミ」が始動。シリーズ第1回は「エキスパンダー挿入中の方」

 2021年1月30日、東京都港区のブレストサージャリークリニックにて、シリコンインプラントによる乳房再建をテーマにした少人数セミナー「岩平ゼミ」の第1回が行われました。

 主催する一般社団法人KSHS [キチンと手術・ホンネで再建の会]では、これまで乳がん患者さんに向けたセミナー「ブレストキャンサーミーティング」を催してきましたが、2021年は感染対策を万全にした状態で、乳房再建の状況別に参加者を限定した少人数セミナー「乳がん乳房再建ゼミナール」を5回シリーズで開催します。

 講師を務めるのはブレストサージャリークリニック院長で、1万件以上ものブレスト・インプラントによる再建の症例数を持つ、日本形成外科学会認定専門医の岩平佳子先生です。第1回は「ティッシュエキスパンダー(乳房の皮膚を拡張する装置)を挿入中」の人が対象で、30代から50代の女性5名が参加しました。

 セミナーは2部構成で、第1部はエキスパンダー挿入中の人に向けた岩平先生の講演と先生への質問の時間でした。参加者ひとりひとりの乳房再建に対する想いを聞きながら、小さな疑問にも丁寧に答える岩平先生。こうしたアットホームな雰囲気は、少人数だからこそ可能となるのでしょう。


セミナーで、参加者の質問に丁寧に答える岩平先生

 第2部は、KSHS代表理事の溝口さんをはじめ、4人の乳房再建体験者の体験談を聞き、実際に乳房を見せてもらう「体感会」です。
 「コロナ禍で実際に再建経験者のお話を聞いたり、お胸を見せてもらったりする機会がなかったので、大変貴重な経験になりました」という声が参加者から寄せられました。

KSHSがあえて今、リアルなセミナーを開く理由

 コロナ禍によりリモートでのセミナーや勉強会が圧倒的に多い現在、なぜKSHSがリアルセミナーを行うのか。その大きな理由に「体感会」があります。KSHSでは新型コロナウイルス感染症が流行する前は、乳房再建経験者の乳房を見せてもらう「体感会」を定期的に行っていましたが、コロナ禍になってからは開催できずにいたと、溝口さん。

「私自身、乳房再建をする前、いろんな人のお胸を見せて、そしてさわらせてもらって前に進むことができたので、『リモートだと体験会はできないし、再建で悩んでいる人たちはどうしているのだろう』と、ずっと気になっていました」(KSHS溝口さん)

 2020年10月には岩平先生を招き、最初の緊急事態宣言解除後で初めてとなるセミナーを開催。感染対策のため参加者を20名に絞り、再建した乳房を見せてもらう体感会は行わず、先生の講演と再建した人の体験談が中心でした。

「深い悩みを抱え、真剣に正しい情報を求める人が多いこと、そして制限がある状況でも対面だから伝えられるものがあることを改めて実感しました。岩平先生のご協力があってこそですが、KSHSらしい活動のカタチを話し合った結果、少人数のリアルセミナーを開き、体感会を復活させるという道を選んだのでした」(KSHS溝口さん)

第2回「岩平ゼミ」は、再建してから長期経過した方が対象

 第2回「岩平ゼミ」は2021年3月20日に開催が決まりました。対象は「乳房再建後、長期(5年以上)経過した方」です。「アラガン社でリコールされたインプラントを入れている」「左右差がある」「しわが寄ってきた」など、再建手術から時間が経過した人の不安に岩平先生が答えます。

 今後のKSHS活動についてうかがうと、自家組織での乳房再建ゼミも開始したいと話す溝口さん。さらに将来的にはリアルとリモート、それぞれの良さを活かし、例えば
・講演はリモート、体感会はリアルで
・病院などエリアごとにリアルに集まって、各地をリモートでつなぐ
というようなハイブリッドな会を新たに考えていきたいそうです。

「これまでの活動を通して100の言葉よりも1つのふれあいの方が重いことをよくわかっている私たちにとって、コロナ禍はつらく厳しい時期ですが、その場にいる人に丁寧に、正しい情報を届けていきたいと思います」(KSHS溝口さん)

一般社団法人KSHS[キチンと手術・ホンネで再建の会]
https://www.kshs.tokyo

医療法人社団ブレストサージャリークリニック
http://www.iwahira.net

■取材
・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
04月19日(月) オンライン
患者さん・一般の方向け
マギーズ東京 オンライン「ストレスマネジメント」
04月19日(月) オンライン
患者さん・一般の方向け
第14回乳がんシンポジウム@イーストコースト  〜乳がん検診、家族性遺伝とサバイバーシップの事〜 〜子宮頸がんも含む婦人科系検診〜 〜再発転移乳がん患者ができること〜
04月20日(火) オンライン
患者さん・一般の方向け
リンネット「なかまカフェ」
04月21日(水) 千葉県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
NPO法人支えあう会「α」 対面サロン 乳がん
04月21日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
ういケアみなと ウェルネスセミナー 自宅でできる簡単エクササイズ ~筋力アップ編~
オピニオン
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建 イベント・セミナー情報 ニュース・トピックス オピニオン リリース情報 このサイトについて お問い合わせ