2021年02月19日

「涙」を使い、最短10分で乳がんを検出 研究を加速させるためのクラウドファンディング始まる

キーワード:基礎知識 治療
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療の情報ファイル
次へ

 昨年6月、当サイトでも紹介した、涙を使って最短10分で乳がんを検出する「TearExo法」。

 約4年前、神⼾⼤学⼤学院⼯学研究科の⽵内俊⽂教授率いる研究グループが開発に成功した検査方法です。痛みもなく自宅で手軽にできるとして、多くの人からその早い実用化が待たれています。

■関連情報
「涙で乳がんを早期発見 簡単で痛みのない検査を可能に エクソソームを超高感度で検出」

 「TearExo法」の実用化のために必要な臨床研究を進めるため、竹内教授は、2021年1月20日から専門サイト「READY FOR」にてクラウドファンディングを始めました。

 「READY FOR」は、教育・研究の活性化のためにクラウドファンディングの活用を希望する大学との業務提携を行っていて、神戸大学とも提携を開始。今プロジェクト「涙で乳がんを検出する!研究を加速させる一歩にご支援を。」は提携後第一号のクラウドファンディングとなります。

乳がん検診受診率の向上のほか、再発リスクの管理にも有用

 がんの大きさが2cm以下で、リンパ節や他の臓器に転移していない「ステージⅠ」で乳がんが見つかった場合の5年相対生存率は99.8%(国立がん研究センター・2009-2010年5年生存率報告書より)と早期発見により適切な治療が行われれば、良好な経過が期待できます。

 一方、早期発見を目的に国がすすめる乳がん検診は、現在、40歳以上の女性に対し2年に1回の間隔で、問診および乳房エックス線検査(マンモグラフィー)を行うことが推奨されています。ところがその受診率は47.4%(2019年・がん情報サービスWEBサイトより)と低迷しています。

 検査を受けない理由として、時間がとれないことや、痛みや恥ずかしさなど検査に伴う苦痛をあげる人が多いですが、TearExo法であれば、ドライアイの検査に用いられる「シルマー試験紙」と呼ばれる短冊型の小さな紙を目じりに置き、数分目をとじて涙をしみこませるだけなので痛みはありません。

 自己採取も可能なことから、自宅で採取したものを検査機関に送ることが可能となれば、病院に行く必要もなくなります。

また乳がんを罹患した人にとっては、通院することなく再発リスクを自分で管理できる方法としても有用であるといえるでしょう。

クラウドファンディング専門サイト READY FOR プロジェクトページ
「涙で乳がんを検出する!研究を加速させる一歩にご支援を。」
★詳細はこちら>>涙で乳がんを検出する!研究を加速させる一歩にご支援を。」

・公開期間:2021年1月20日(水)~4月16日(金)23時まで

■取材 ・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。    
(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
10月06日(木) 東京
患者さん・一般の方向け
国立国際医療研究センター病院 がん患者さん・ご家族のための"お金と仕事"の相談会
10月08日(土) 群馬県
患者さん・一般の方向け
乳房再建ネットワーク「シャロン前橋」街角サロン
10月20日(木) オンライン
患者さん・一般の方向け
千葉大学病院「がんおしゃべりサロン」第106回 on the web
10月22日(土) オンライン
患者さん・一般の方向け
PiF in Zoomおしゃべり会「乳がんって言われちゃったけど」
10月25日(火) オンライン
患者さん・一般の方向け
【オンライン】乳がん疾患啓発セミナー わかる乳がん〜わたしにあった治療の見つけ方〜
オピニオン
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建 イベント・セミナー情報 ニュース・トピックス オピニオン リリース情報 このサイトについて お問い合わせ