2019年07月10日

患者同士の交流と情報提供の場を 「男性乳がんの会 メンズBC」(1)

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療の情報ファイル

「男性乳がんの会 メンズBC」を立ち上げた
認定NPO法人キャンサーネットジャパンの大友明子さん

 ―――――― 認定NPO法人「キャンサーネットジャパン」は、2018年1月から男性乳がん患者の交流会「男性乳がんの会 メンズBC」(BCはBreast Cancerの略)を年4回を目標に開催。孤立しがちな男性乳がん患者を支援し、この病気への理解を広める活動をしています。

 「メンズBC」を立ち上げたキャンサーネットジャパンの大友明子さんに、そのきっかけ、活動を通して気づいたことなど、お話をうかがいました。

ある男性乳がん患者さんとの出会いがきっかけに

 「メンズBC」を立ち上げたきっかけは、2017年の秋、ある男性乳がん患者さんとの出会いでした。「同じ病気の人と会ったことがなく、 話もできず、とても困っている」とおっしゃっていました。

 実は個人的にですが「モヤモヤの会」という乳がん患者さんの集まりを運営していたので、「じゃあ、男性乳がんの会もやってみようか」と思ったのです。

 その時は「男性も乳がんになるのか」程度の認識しかなかったので、自分で調べ始めてみたところ、男性乳がんは乳がん患者全体の1%未満と大変少なく、 どこにアプローチをしていいのかもわかりませんでした。

 ただ、本当に困っていらしたので、力になりたくて、キャンサーネットジャパンの事務局長の木原に「男性乳がんの会のきっかけづくりをしたい」 と提案をしました。

 とりあえずやってみようということで急いでパンフレットを作り、病院に置かせてもらいました。 きっかけとなった患者さんはきてくださるから、あと1人来てくれれば成立すると思っていたところ、2人の方が参加。

 「他の人も副作用で悩んでいることを知り、自分だけじゃないと勇気付けられた」とうれしそうに話してくれました。


第1回、第2回の「メンズBC」告知パンフレット

 そして2回目は2018年4月に開催。だいたい3ヶ月おきに開催しています。

 今年の8月にジャパンキャンサーフォーラム2019の中で開催する「メンズBC」で第6回になりますが、毎回少しずつですが新しい人が参加してくださっています。会の活性化のために、もっと多くの人に来ていただきたいですね。

男性だって、同じ病気の人と会って話をすると癒される


 男性乳がんの患者さんは、あまりに数が少ないので情報源が自分と先生しかいないんです。女性なら、アドバイスをしてくれる人が見つかりやすいのですが、男性乳がんには患者会もない。とはいえ乳がんの患者会に行けば女性ばかりで居づらい。

 先生のことを疑っているわけではないけれども「この状況ってどうなんだろう」と誰かに話を聞きたいと思うようになるようです。

 実際に「メンズBC」に携わって気づいたのは、男性も同病の人と会って話をすると癒されるのだということ。

 会を立ち上げる前に「女の人と違って男性はそういう会に向かない」というご意見をいただいて、確かにあまり話したくない、つながりたくないという人が女性よりは多いようにも感じていました。ですが、蓋を開けてみれば、みなさんとても楽しそうでした。この会を始めて、本当に良かったと思います。

2へ続く

 ※第6回メンズBCは、ジャパンキャンサーフォーラム2019のプログラムの1つとして、8月17日(土)15:00〜16:30に国立がん研究センター築地キャンパス 研究棟にて開催されます。

ジャパンキャンサーフォーラム2019
認定NPO法人キャンサーネットジャパン 「男性乳がんの会 メンズBC」

■文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。
(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
01月20日(木) オンライン
患者さん・一般の方向け
千葉大学医学部附属病院「がんおしゃべりサロン」
01月21日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
がん制度大学 退職が頭をよぎるがん患者が知っておくべきこと
01月21日(金) オンライン
患者さん・一般の方向け
マギーズ東京 オンライン「からだのリラクセーション」
01月22日(土) オンライン
患者さん・一般の方向け
スヴェンソン 銀座サロン がん哲学外来 スヴェンソンメディカルカフェ「正しいがん情報の見極め方」
01月23日(日) オンライン
患者さん・一般の方向け
千葉大学医学部附属病院 がん市民公開講座「がんになってもわたしのLifeはわたしが選ぶ」
オピニオン
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建 イベント・セミナー情報 ニュース・トピックス オピニオン リリース情報 このサイトについて お問い合わせ