2017年10月03日

【看護師FP・黒田ちはるさんに聞く(3) がん経験者からのお金の相談Top3 第2位、第3位はともに「将来における経済的不安」

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

第2位、第3位はともに「将来における経済的不安」~公的制度の活用法~

 がん経験者から「がんとお金の問題」について多くの相談を受けている看護師でありファイナンシャルプランナー(以下FP)の黒田ちはるさんからうかがった「がん経験者からのお金の相談Top3」。一番相談が多い『がんでも入れる民間保険』に続く、第2位、第3位のお悩みとアドバイスをご紹介します。

自分に当てはまる公的制度を知るには

 2番目に多いお金の相談は「がん保険の一時金がなくなりそう、または傷病手当金の受給期間がもうすぐ終わりそうだけど、今後の生活は大丈夫か?」、3番目に多いのは「体がきついので仕事を辞めたいけれど、辞めた後、生活は成り立つのか?」というものです。この2つは『将来に対する経済的な不安』という意味で同じ悩みといえるでしょう。

 今後の生活の身通しをたてて不安を解消するためには、家計の問題点をはっきりさせて手を打つこと。そして使える公的制度を調べて利用することです。

 公的制度については種類が多く、どの制度がご自身に当てはまるかを判断するのは難しいというお話をよく耳にします。そうしたときに役立つのが、私も所属しているNPO「がんと暮らしを考える会」が運営しているWEBサイト「がん制度ドック」 です。

   設問に沿って進んでいくだけで、ご自身が使える可能性のある制度と入ってくるだいたいの金額がわかります。またそれぞれの制度について、相談窓口や必要書類も合わせて一覧表になって結果が出てくるので、プリントアウトすれば手続きの準備にも役立ちます。このサイトは多くの病院で、看護師や医療ソーシャルワーカーが患者さんと一緒に利用しているものなので、ぜひみなさんも一度使ってみてください。

専業主婦は、公的制度が手薄

 公的制度は、その働き方や立場によって使える制度が異なり、受け取れる金額も大きく変わってきます。自営業の方に比べると会社員や公務員は手厚いですし、専業主婦の方はかなり手薄になっています。

 傷病手当金については比較的よく知られていますが、実はこれは協会けんぽや健康保険組合の被保険者が休職した時に支給されるものです。つまり専業主婦の人は受け取ることができません。

 また近頃では、がん経験者の方でも抗がん剤の副作用や手術の後遺症などで障害年金を受けている方がいます。年金制度の一つである障害年金には障害基礎年金と障害厚生年金の2つがありますが、専業主婦が受けられるのは障害基礎年金だけで、こちらは1級・2級のみです。一番障害が軽い『3級』がない専業主婦にとっては、がんで障害年金を受け取れるハードルが、会社員や公務員に比べると高いといえます。

 がんの経済的リスクに備えるためには、公的制度で手薄な部分は民間保険や預貯畜でカバーをすることが必要となってきますが、意外と専業主婦の方は民間保険に入っていないことが多いんです。「自分は家にお金も入れていないから、民間保険に入る必要はない」とおっしゃるのですが、実際に家事や子育てを担っているのは誰でしょう。保障や治療費以外のかかるお金を考えると、病気になってしまった時の備えが必要なのは、実は会社員よりも専業主婦なんです。

■取材協力/黒田ちはるさん
黒田ちはるFP事務所

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
05月14日(金) オンライン
医師・医療スタッフ・保健師向け
国立がん研究センター東病院 レディースセンター・AYA世代、子供サポート部門(mAYAcon)主催 mAYAconセミナーシリーズ(全6回) 第5回「AYA世代へのアピアランスケア」
05月15日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
ういケアみなと がんと生活のセミナー 病気になっても元気に暮らすヒント ~がん体験の話を交えて~
05月15日(土) 兵庫県、オンライン
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
がん哲学学校in神戸 第36回メディカルカフェ
05月16日(日) オンライン
患者さん・一般の方向け
紡ぎ オンラインでシェアルーム
05月16日(日) 大分県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
第12回がん哲学外来「大分ふぐカフェ」
オピニオン
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建 イベント・セミナー情報 ニュース・トピックス オピニオン リリース情報 このサイトについて お問い合わせ