2017年06月26日

内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療の情報ファイル
 ウエストサイズが大きくなり、内臓脂肪が増えると、がんの発症リスクが上昇することが、国際がん研究機関(IARC)の4万人以上を対象とした研究で明らかになった。

 腹囲が11cm増えるごとにがんリスクは13%上昇

 「ウエスト周囲径の増加は、がんリスクと密接に関連しています。ウエストサイズがゆるくなり気になりだしたら、それは"危険信号"とみるべきです」と、国際がん研究機関(IARC)のハインツ フリースリング氏は言う。

 体全体がスリムであっても、腹囲(ウエスト周囲径)が増え、内臓脂肪がたまっているケースもある。そうした場合でもがんの発症リスクは上昇するという。

 今回の研究では、平均年齢62~63歳の計4万3,419人(男性 1万8,668人、女性 2万4,751人)を対象に、前向き調査で追跡した7件の研究結果を分析した。中央値12年間の追跡期間中に、1,656人が肥満関連のがんと診断された。

 その結果、腹囲(ウエスト周囲径)が11cm増えるごとに肥満関連のがんリスクは13%上昇していた。

 腹囲の増加は、10種類のがん(大腸がん、食道がん、胃がん、肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がん、子宮がん、卵巣がん、腎臓がん、乳がん)に関連していることが判明した。

 もっとも関連が多いのは大腸がんで、臀囲(ヒップ周囲径)が8cm増えると、大腸がんのリスクが15%上昇した。

肥満はやはり寿命を縮める BMIが5増えると死亡リスクは31%上昇

 体重や内臓脂肪が増えるのを防ぐことが重要

 内臓脂肪が増えると、エストロゲンやテストステロンなどの性ホルモンの値が変化する可能性がある。また、インスリン値も上昇し、体に炎症が起こりやすくなる。これらはいれずれも、がんリスクを上昇させる原因になるという。

 「体格指数(BMI)と内臓脂肪は、肥満に関連するがんリスクを知るための良い指標となります。標準体重を維持し、ウエスト周囲径が増えないようにすることが、がんを予防するために重要です」と、フリースリング氏は言う。

 「がんの発症リスクを減らす可能性の高い方法を広く認知してもらうことが重要です。肥満を解消すれば必ずがんを予防できるわけではありませんが、標準体重を維持することは、2型糖尿病や高血圧、脂質異常症の予防・改善につながり、多くのメリットがあります」と、英国がん研究所(Cancer Research UK)のは、ジュリー シャープ氏は言う。

 「食べ過ぎを抑え、栄養バランスの良い食事をとり、体を積極的に動かし運動することが重要です。人生の長期にわたり小さな改善を積み重ねることで、体重や内臓脂肪が増えるのを防ぐことができます」と強調している。

Where body fat is carried can predict cancer risk(英国がん研究所 2017年5月24日)

Comparison of general obesity and measures of body fat distribution in older adults in relation to cancer risk: meta-analysis of individual participant data of seven prospective cohorts in Europe(British Journal of Cancer 2017年5月23日)

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
01月20日(木) オンライン
患者さん・一般の方向け
千葉大学医学部附属病院「がんおしゃべりサロン」
01月21日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
がん制度大学 退職が頭をよぎるがん患者が知っておくべきこと
01月21日(金) オンライン
患者さん・一般の方向け
マギーズ東京 オンライン「からだのリラクセーション」
01月22日(土) オンライン
患者さん・一般の方向け
スヴェンソン 銀座サロン がん哲学外来 スヴェンソンメディカルカフェ「正しいがん情報の見極め方」
01月23日(日) オンライン
患者さん・一般の方向け
千葉大学医学部附属病院 がん市民公開講座「がんになってもわたしのLifeはわたしが選ぶ」
オピニオン
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建 イベント・セミナー情報 ニュース・トピックス オピニオン リリース情報 このサイトについて お問い合わせ