2016年03月
2. 治療について

1. 乳がんの治療について

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

現在の乳がんの治療は、がんを切り取る「手術」、放射線を患部にあてる「放射線療法」、薬で体の中のがんをたたく「薬物療法」を組み合わせて行われます。

治療方針は、がんの進行の程度を示す「病期(ステージ)」と、がん細胞の特徴を示す「サブタイプ分類」によって決まります。

手術、放射線療法、薬物療法を組み合わせて行う

 乳がんの治療を進めるためには、まず組織や細胞の検査や画像診断などを行い、がんの広がりや悪性度、リンパ節への転移の有無を調べることが必要です。がんの進行の程度を示す「病期(ステージ)」によって、おおよその治療方針が決まっています。

 主な治療の方法は、手術、放射線療法、薬物療法(ホルモン療法、化学療法、分子標的治療)の3つで、それぞれの治療を単独で行う場合と、複数の治療を組み合わせる場合があります。病期(ステージ)だけではなく、がん細胞の性質を示す「サブタイプ分類」、全身の状態、年齢、合併する他の病気の有無、患者さんの希望などを考慮しながら病気を決めていきます。

関連ニュース・トピックス

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
05月14日(金) オンライン
医師・医療スタッフ・保健師向け
国立がん研究センター東病院 レディースセンター・AYA世代、子供サポート部門(mAYAcon)主催 mAYAconセミナーシリーズ(全6回) 第5回「AYA世代へのアピアランスケア」
05月15日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
ういケアみなと がんと生活のセミナー 病気になっても元気に暮らすヒント ~がん体験の話を交えて~
05月15日(土) 兵庫県、オンライン
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
がん哲学学校in神戸 第36回メディカルカフェ
05月16日(日) オンライン
患者さん・一般の方向け
紡ぎ オンラインでシェアルーム
05月16日(日) 大分県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
第12回がん哲学外来「大分ふぐカフェ」
オピニオン
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建 イベント・セミナー情報 ニュース・トピックス オピニオン リリース情報 このサイトについて お問い合わせ