2019年06月07日

乳がん検診をより多くの人に!「パパも子どもも一緒に来れる乳がん検診」クラウドファンディングを開始(7/12まで)

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

概 要

あなた自身
あなたのパートナー
あなたのお母さん

大切な人が乳がんで苦しむ姿を見たくないならば
家族みんなで検診について考えてほしい。

 千葉県・埼玉県・茨城県で毎週、地域密着フリーペーパー「ちいき新聞」を発行している地域新聞社は、「主に女性に読んでいただいているフリーペーパーだからこそ、伝えられることがある」という思いから、10年前にピンクリボン運動を始めました。

 以来毎年「ピンクリボン月間」である10月に「ピンクリボン運動応援号」を発行し、乳がんについての正しい知識を情報発信するとともに、毎年各地域3箇所程度でマンモグラフィー検診車を呼び、通常5,000円の乳がん検診受診料のうち3,000円分を支援することで乳がん検診を安く気軽に受けられるイベントを開催してきました。
※今年から検診代が6,100円に値上がりするため、弊社負担額3,100円、受診代3,000円とする予定です。

 これまで9年間の乳がん検診イベントで受診した方は、のべ1,453人。週末のショッピングセンターなどに検診車を呼び、買い物のついでに受診ができるため、育児や家事、仕事に日々奮闘するお母さんたちを中心に喜ばれています。

 そこでこのたび同社は、ピンクリボン活動10周年を機に、趣旨に賛同いただける方からクラウンドファンディングで支援を募り、検診イベントの開催地の拡大とともに「家族で行ける・考える」乳がん検診を推進する取組を始めました。

 今回のクラウドファンディングが成立した場合、毎年3箇所程度だった乳がん検診を、計10箇所に増やすことができます。

地域新聞社
ピンクリボン(地域新聞社)

情報ソース

「ピンクリボンCSR活動10周年 乳がん検診を多くの人に届けたい」
詳細・クラウドファンディング申込ページ ▶

(日本医療・健康情報研究所)

関連情報

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
06月26日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
女性がん患者のためのヨガ教室 "さくらキャンサーヨガ" vol15
06月27日(木) 東京都
患者さん・一般の方向け
2019年度 東大患者サロン「治療と食事」
06月28日(金) 千葉県
患者さん・一般の方向け
ピア・サポーターズサロンちば
06月29日(土) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
乳房再建サロン
06月29日(土) 石川県
患者さん・一般の方向け
ピアサポート研修会「ピアサポートの理論とコミュニケーションについて学ぼう!」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ