2018年01月15日

8割超が「がんになる確率」を実際よりも低く予想(auのほけん調査)

キーワード:医療費・制度 基礎知識
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

概 要

女性が、大きな病気への備えを考え始める年齢の平均は40.5歳 8割超が、「がんになる確率」を実際よりも低く予想 6割が、「1年以内に乳がん検診を受診していない」

~auのほけん、「女性の将来への備えに関する調査」を発表~

 「auのほけん」を提供するKDDIは、全国の30歳~59歳の女性1,000名を対象に「女性の将来への備えに関する調査」を実施しました。

 近年乳がん罹患率の上昇 (該当項目へジャンプします注1) を背景に、早期発見に向けた乳がん検診やセルフチェックの重要性が高まっています。このような状況下、自身の健康リスクを理解し、適切に乳がん検診を受診することは、女性にとって大切な備えといえるのではないでしょうか。女性の将来への備えに関する調査結果をまとめました。

 調査により、大きな病気への備えを考え始める年齢の平均は40.5歳となりましたが、8割超が、がんの「罹患率」を現実の数字 (約2人に1人) よりも低く考えていることも明らかになりました。また、過半数が「最近1年以内に乳がん検診の必要性を感じた」と回答したものの、40代の約6割が「最近1年以内に乳がん検診を受診していない」という結果になり、がん罹患リスクを自分ごと化して、がんをはじめとする病気の備えとして十分に行動に移すには至っていないことが浮き彫りとなりました。

情報ソース

~auのほけん、「女性の将来への備えに関する調査」を発表~ ▶

(日本医療・健康情報研究所)

関連情報

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
02月24日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
ブララボの乳房再建相談茶話会
02月24日(土) 大阪府
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
阪急梅田サロン がん哲学外来・カフェ
02月25日(日) 東京都
患者さん・一般の方向け
ブララボの乳房再建相談茶話会
02月25日(日) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
【3/24・3/25】からだにいいいことweekend
02月25日(日) 東京都
患者さん・一般の方向け
乳がん講演会~検査・治療・サポートについて正しく知ろう!~
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ