2018年01月04日

【東洋経済】「乳房と別れを告げた女性」が選んだ生き方

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

概 要

 もし、乳がんになって乳房を摘出することになったら――。今や女性の12人に1人が乳がんになるといわれているだけに、女性であればその可能性を考えなくてはならない。

 女性マネジメントのプロで、起業家の川崎貴子氏も、2016年10月に乳がんが発覚し、右乳房の全摘手術を受けた1人だ。仕事も家庭も順風満帆、40代にしてついに幸せを手に入れた矢先の「乳がん宣告」だった。

 乳房の温存も不可能ではないと担当医に示唆された川崎氏だが、再発可能性などを考慮して迷わず全摘を選択。その後、乳房を「再建」し、現在もホルモン治療を行いながら、バリバリ働いている。40年以上生活をともにした「おっぱい」に未練はなかったのか。そして、がんによって家族との関係や人生観はどう変わったのか。乳房再建ってどんな感じなのか......。

 乳がん発覚から術後の治療までを綴ったエッセイ『我がおっぱいに未練なし』を上梓した川崎氏と、乳房再建に積極的に取り組むセルポートクリニック横浜院長で医学博士の辻直子氏との対談を前後編でお届けする。

情報ソース

【東洋経済ONLINE】「乳房と別れを告げた女性」が選んだ生き方 ▶

(日本医療・健康情報研究所)

関連情報

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
07月12日(木) 兵庫県
患者さん・一般の方向け
関西ろうさい病院 がん患者サロン「医療者との効果的なコミュニケーション」
07月12日(木) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
がん哲学外来 坂の上の雲 暖だんカフェ
07月14日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
がんサロンSAKURA「がん体験者が語る薬膳」
07月14日(土) 兵庫県
患者さん・一般の方向け
がん患者グループ「ゆずりは」2018年7月定例会
07月14日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
ピンクリボン in NERiMA 乳がんカフェ
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ