2017年04月20日

【港区】がん治療に伴うアピアランスケア助成制度(3万円または購入経費の7割のいずれか低い額)

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

概 要

広報みなと2017年4月11日号 がんと向き合う全ての人が質の高い療養生活を送るために

がんは、日本人の2人に1人がかかるともいわれるほど身近な病気です。

港区では、がん患者、がんを患ったことのある人、家族等、がんに関わる全ての人を支えるための取り組みを新たに充実させます。

都内初 がん治療に伴う外見(アピアランス)ケアへの助成制度を開始します
ウィッグ(かつら)と胸部補整具の購入費の一部を助成します

がん治療は、脱毛や乳房の切除等、治療に取り組む人の外見(アピアランス)に変化をもたらすことがあります。こうした外見の変化は、治療や就労への意欲を低下させることもあるため、ウィッグ(かつら)や胸部補整具等による外見へのケアが重要とされています。区では、都内初の取り組みとして、医療保険の適用対象外となっているウィッグと胸部補整具の購入経費の一部を助成します。

情報ソース

広報みなと2017年4月11日号 がんと向き合う全ての人が質の高い療養生活を送るために ▶

(日本医療・健康情報研究所)

関連情報

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
12月15日(金) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
四国がんセンター 生活に役立つリハビリテーション「むせずに食べよう! ~上手に飲み込むためのリハビリ~」
12月16日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
順天堂大学医学部附属順天堂医院 主催 第20回 市民公開講座 
12月16日(土) 新潟県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
人生を楽しむ、乳がん手術後のアピアランスケア
12月16日(土) 東京都
医師・医療スタッフ・保健師向け
平成29年度 「がん患者の外見ケアに関する研修会」基礎編
12月17日(日) 東京都
患者さん・一般の方向け
キャンサーフィットネス キャンサーヨガ&ピラティス教室
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ