2016年11月25日

喫煙とがんの因果関係 乳がんは「レベル2(示唆的)」

キーワード:患者数
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

概 要

 たばこはさまざまな健康障害を引き起こす。厚生労働省の検討会は9月に、「喫煙と健康影響」に関する報告書(たばこ白書)をまとめた。

【喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書 概要】

 白書では、喫煙と病気の因果関係を、「レベル1(十分)」「レベル2(示唆的)」「レベル3(不十分)」「レベル4(ないことを示唆)」の4段階で科学的に判定した。

 たばこの煙には60種類以上の発がん物質が含まれている。煙の通り道はもちろん、唾液や血液に移行したり、消化管や血液の経路などでもリスクが高くなる。たばこ白書では、喫煙はさまざまな部位のがんを引き起こすことから、喫煙とがんの関係は「レベル1」と判定された。

 部位別で、乳がんは喫煙者本人への影・受動喫煙ともに(レベル2)のリスクがそれぞれ高まることわかった。

情報ソース

日本の「喫煙対策」は待ったなし 4つの方法でタバコを今度こそやめる
(保健指導リソースガイド) ▶

(日本医療・健康情報研究所)

関連情報

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
06月20日(火) 長野県
医師・医療スタッフ・保健師向け
平成29年度信州大学医学部附属病院 がん看護コース公開講座 第2回「意思決定支援〜診断期から切れ目ない意思決定を支えるための看護ケア〜」
06月20日(火) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
四国がんセンター 生活に役立つリハビリテーション「楽に呼吸をするためのコツ ~呼吸器リハビリ~」
06月21日(水) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
四国がんセンター がんとお金 知って得する みんなの制度  テーマ「介護保険 ~療養生活で人の助けやベッド等の物品が必要になったとき~」
06月21日(水) 千葉県
患者さん・一般の方向け
国立がん研究センター東病院 柏の葉料理教室 第197回 「食欲不振がある方の食事」
06月21日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
Yoga for cancer(Y4C)ワークショップ が「がん経験者のためのヨガクラス」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ