2016年06月23日

乳がんに関する世界10カ国意識調査

キーワード:患者数
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

概 要

<調査概要>
調査対象国: オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、日本、ロシア、韓国、イギリス、アメリカの計10カ国
サンプル数: 10,000サンプル(各国約1,000サンプル)
調査方法: インターネット調査
調査時期: 2014年6月
調査実施元: ミルワード・ブラウン(Millward Brown)

<結果概要>
1. 日本人の半数は、乳がんの症状について「知らない」と回答

2. 特に日本ではデンスブレトのリスクを知らない人が多い
(乳がんとの関係性を知っているのは各国の比較でもっとも低い2%)

3. デンスブレストの調べ方を知らない人が日本では半数

4.デンスブレストとマンモグラフィ(乳房X線撮影装置)の関係性について「わからない」が日本では8割

*GEヘルスケアが発表した英語版プレスリリースは

情報ソース

GEヘルスケア実施 乳がんに関する世界10カ国意識調査(2014年) ▶

(日本医療・健康情報研究所)

関連情報

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
09月22日(日) 青森県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
Pink Ring 東北branch Event【Cancer Share Time 2019in青森~若年性乳がん体験者と支援者が語り学ぶ1日~】
09月23日(月) 兵庫県
患者さん・一般の方向け
トリプルネガティブ乳がん「ふくろうの会」第10回勉強会
09月23日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
第6回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座
09月23日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
王子がん哲学外来 5周年記念講演会
09月23日(月) 千葉県
患者さん・一般の方向け
千葉県、ちば県民保健予防財団、千葉県がんセンター主催 「がん講演会」
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ