2016年06月15日

がん治療と仕事の両立 女性78%が40歳代以下での罹患

キーワード:治療と仕事
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

概 要

 女性は40代での罹患が約半数(48%)であり、30歳代(30%)を合わせると78%が40歳代以下での罹患だった。

 勤務先は、罹患後も同じ職場で働いている人が86%。継続できた理由として多く挙げたのは「職場の上司の理解・協力があったため」「職場の同僚の協力があったため」で、上司や同僚の理解・協力が就業継続につながることが示された。

 一方、退職の後に転職・再就職して現在も働いている人が14%だった。退職した理由でもっとも多かったのは、がんの進行度が「1期」以前では、「治療と仕事を両立するために活用できる制度が勤務先に整っていなかったため」がもっとも多く17%だった。「2期以降」になると「体力面等から継続して就労することが困難であったため」が多くなり33%に上った。

>>>【ニュース】がん発症後の仕事や働き方はどうなる? 「がん治療と仕事両立」を調査 

【「がん治療と仕事の両立に関する調査」の調査結果全文の概要】

■勤務先における待遇の変化(報告書p51‐52)
がん罹患後1年間で、28%の人が給与の減少など勤務先の待遇に関するネガティブな変化を経験していた。また、罹患後に転職した人のうち、18.2%が退職を促された経験を持っていることが分かった。
■休業取得・休業期間(報告書p34‐35)
罹患後1年間で、8割強が「入院による治療と自宅療養のための休み」を取得している。最も割合が高いのは「1週間以上~1ヶ月未満」の休業期間で、4割強を占める。
■家族からのサポート(報告書p27‐28)
治療に際して「家族からのサポートは受けていない」人は35.4%。

情報ソース

がん治療と仕事の両立に関する調査」結果全文
(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社) ▶

(日本医療・健康情報研究所)

関連情報

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
07月24日(月) 東京都
医師・医療スタッフ・保健師向け
資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター 医療従事者のための「がん外見ケアセミナー」
07月25日(火) 東京都
患者さん・一般の方向け
聖路加健康講座「がんになっても仕事をやめないで」
07月25日(火) 東京都
患者さん・一般の方向け
BeautyLesson がん患者さんの為の暮らしに役立つ患者会
07月25日(火) 東京都
患者さん・一般の方向け
並木通りセミナー「手の黒ずみのカバー方法 ハンドケア・ネールケア 皆でリラックスタイムを過ごしませんか」 
07月25日(火) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
四国がんセンター がんと遺伝 遺伝性腫瘍セミナー「遺伝性腫瘍の診断」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ