がん治療を楽にする口腔ケア

No.1 がん治療に口腔ケアが必要な理由

百合草 健圭志 静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長
(2018年03月)
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

 抗がん剤などのがん治療では、口内炎をはじめとした様々な口のトラブルが起こることが知られています。そこで重要になるのが、治療前や治療中の〝お口のケア(口腔ケア)〟です。静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長の百合草健圭志先生にアドバイスをいただきました。

がん治療に口腔ケアが必要な理由

 がんの治療中には、放射線や抗がん剤などの副作用から、以下のような口のトラブル(口腔合併症)が起こります。


  • 口の中に炎症が起こり、腫れてひどく痛む
  • 口内炎がいくつもできる
  • 口の中が痛くて食欲がわかなくなってしまう
  • 口の中が乾きやすくなる
  • 唾が出にくくなる
  • 食事中に変な味がしたり、味がわからなくなったりする

 このうち、最も患者さんを悩ませるのが「口内炎」。

 舌・唇・頬の内側などの粘膜が強い炎症を起こして痛み、とてもつらいそうです。口の痛みから食事がとれなくなると、体力の低下や免疫力の低下を招き、

  • 歯周病が悪化して歯が痛む
  • 感染症が起こる(ヘルペス性口内炎やカンジダ性口内炎など)

などの新たなトラブルが起こることもあります。

 何より、患者さん自身がつらさに耐えきれなくなり、がん治療の継続が難しくなれば、患者さんにとって一番大切な治療効果が低下してしまう可能性があります。

 口のトラブルを予防したり、症状を軽くしたりすることで、がん治療を続けること、仕事や日常生活を続けることの両方を支えるために、重要になるのが口腔ケアです。

口腔ケアでがん治療は楽になり、効果も上がる

 近年、がんの治療では、単にがんを治すだけでなく、副作用に対して最大限の対策をしながら、治療の継続と患者の生活の質を保つことが重要視されるようになりました。

百合草先生は、次のように述べています。

「抗がん剤などによる治療では、副作用があります。また、がんを治すために治療強度を上げれば、治療効果は上がる反面、副作用が強くなることもあり得ます。

 例えば、乳がんの術後の抗がん剤治療では、医師はRDI(相対的治療強度)を保つことを目標に治療を行います。RDIとはいわば、目標としていた抗がん剤投与量を100%として、どれだけスケジュール通りに実施できたかをパーセンテージで表したもの。このRDIが85%以下となると、『予後に悪影響を及ぼす』、つまり、抗がん剤治療の効果が期待できなくなることが知られています。

 ですから、抗がん剤投与を途中で休止や延期することなく、継続して行うことが非常に重要になります。治療を延期しなければならない理由はさまざまですが、口内炎などの口のトラブルや合併症もよく知られた原因の一つです。そのための対策の1つが、口腔ケアというわけです。

 治療を最後までしっかり受けることを目標に、副作用を減らすため、自分でできるケアはすべてやっておくことが大切ですね。

※RDI(Relative Dose Intensity:相対的治療強度)=実際の容量強度(DI)/計画された容量強度(DI)

口腔ケアで期待できる具体的な効果とは?

がん患者さんが積極的に口腔ケアを行うことのメリットは、

①がん治療に伴う口のトラブルを予防・軽減できる
②手術後の肺炎や合併症、口からの全身感染症のリスクを減少させる
③日常生活や社会的活動(仕事など)をできるだけ維持したまま、がん治療を受けられる
④がん治療の継続に大きく貢献する

 このようなことがあげられます。

 このオピニオンでは、口腔ケアの詳しい方法について説明していきます。

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
10月15日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
池袋がん哲学外来・ 帰宅中カフェ
10月16日(火) 東京都
患者さん・一般の方向け
JCHO東京新宿メディカルセンター がん患者サロン 第4回目:「こころの持ち方」と対話、修了式
10月16日(火) 愛知県
患者さん・一般の方向け
名古屋市立大学病院 第60回患者情報ライブラリーセミナー「がんとこころのケア」
10月16日(火) 埼玉県
患者さん・一般の方向け
埼玉県立がんセンター ホスピス緩和ケア週間「知って得する!生活の質を高めるひと工夫」
10月17日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
第99回 マンマチアー(Mamma Cheer)"チアー活動"「がんのアンコンシャスバイアス(無意識の偏見)を解放する」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ