遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから

中村 清吾 昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長
 乳がんの中には、遺伝性のものがあります。

 なかでも、「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」は、米国の女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんにかかる前に乳腺と卵巣卵管の予防的切除を行ったことで、日本でも大きな反響を呼びました。

 どうしたら、HBOCの患者さんを早期に見極め、救うことができるのか。日本の医療現場では、今、さまざまな取り組みが始まっているところです。

 この連載では、HBOCに対する正しい知識と日本における診療の現状、これからについてご紹介します。

たくさんの方に関心を持っていただくことが、大切だと考えています。

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

もくじ

プロフィール

中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)

■専門分野・研究テーマ
乳がん 遺伝性乳がん卵巣がんの診断・治療

■経歴
1982年千葉大学医学部卒業。同年より、聖路加国際病院外科にて研修。97年M.D.アンダーソンがんセンター他にて研修。2005年6月より聖路加国際病院ブレストセンター長、乳腺外科部長。10年6月より、現職。日本外科学会理事、日本乳癌学会理事長、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会理事長、ASCO会員、NPO法人日本乳がん情報ネットワーク代表理事。

一貫して、患者中心のチーム医療の実現に取り組む乳腺専門医。遺伝性乳がん卵巣がんの診断・治療に力を入れ、検診と治療の保険適用を目指し、活動中。

■所属学会
日本乳癌学会理事長、日本外科学会理事、日本癌治療学会代議員、同がん診療ガイドライン委員会評価委員、NPO法人日本乳腺甲状腺超音波診断医学会(JABTS)監事、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会理事長、日本医学会評議員、日本外科系連合学会フェロー、ASCO会員、日本HBOCコンソーシアム理事長

■関連リンク 昭和大学病院ブレストセンター
ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
04月27日(木) 長野県
患者さん・一般の方向け
社会保険労務士によるがん患者さん相談会
04月28日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
第16回 ONCOLO Meets Cancer Experts(OMCE):乳がん薬物療法の進歩 -ホルモン療法 を中心に-
04月30日(日) 宮城県
患者さん・一般の方向け
人はいつからでも生き直せる!桜満開 お花見コンサート ~命の花、咲かせましょう!~
05月06日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
第107回 がん茶論
05月08日(月) 北海道
患者さん・一般の方向け
アピアランスケアサロン(資格を持つソシオエステティシャンによるケア)
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ