キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)
~乳がんぶっちゃけ話~

No.1 私が「患者」になって気づいたこと

溝口 綾子 一般社団法人KSHS 代表
(2016年08月)
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

 「がん」と言う言葉のイメージは?

 「死」を連想しネガティブなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

 しかし、自分自身ががん患者となり、いろいろな体験・経験を経て「乳がん」イメージは大きく変わりました。

 現在では、2人に1人ががんに罹患しています。がんは特別な病気では無く誰もが成りうる可能性のある「普通の病気」なのです。

 女は強い!「がんと言う個性」を受け入れよう


昨年のクリスマス、乳がんを乗り越えファッションモデルにチャレンジ!

 日常生活の中、誰もが「がん」と言う強烈なイメージの言葉に出会うと、打ちひしがれ、気持ちが沈み、絶望すると思います。

 でも、そこから少し冷静になり自分自身の病と向かい合えた時、現実が見えてきて「乳がんでは簡単には死なない!」と気づきます。そして、乳がんと向き合う決意ができるのです。

 決意をして、自分自身に起こった現状を受け入れる。そのあとは、自分にとって何がベストかを探し始めるのです。
― 死なないのであれば、いかにしっかりと治療と向き合うのか?
― どのようにキレイに治すのか?
などなど、欲望は果てしないのです。

 そう、未来を見据えての治療の選択を考え始めるのです。このとき、改めて「女は強い!」と感じます。

 また、受け入れてからは具体的に選択することが多くあります。「がん」と言われてからは、選択の連続なのです。
―どこの病院?
―どの先生?
―どの治療方法?手術方法?
 ...何を!どれを!どの様に!常に選択を迫られるのです。

 そして、自分自身で納得して自分の進む道を自分自身で選択していき、がんと言う個性を持った自分自身と共存するのです。

 納得できる選択を!


「乳がんになっても!」体験談をお話

 私自身、乳がん告知後先ず行ったことは「セカンドオピニオン」をとることでした。 最初に告知を受けた時、「早期手術が必要!」と告げらめちゃくちゃ焦り一刻も早く治療を開始しなくては!との押し迫った思いでいっぱいになりました。それと同時に、これまで病気怪我にて、病院選びに失敗していた私は、「これでいいのか?他の意見は聞かなくてもいいのか?」との思いが交差しました。

 「がん」なんだから!との思いからセカンドオピニオンを受けることを決意、渋る医者から紹介状をもらい、セカンドオピニオンへと東奔西走しました。

 その頃も、乳がん患者は増加、セカンドオピニオン1ヶ月待ちは当たり前で、その現実にまた、大きく打ちひしがれました。

 「乳がんと診断されたら、絶対セカンドオピニオンを受けるのだ!」と、焦っていた私はあらゆる人に、SOSを出して、ラッキーにも1週間のうちに3件のセカンドオピニオンを受ける事ができました。

 今思い返しても、すごい行動力です。やればできる、思えば叶う!を実感できました(笑)

 しかし、そこで示された治療方法は様々でした。4人の医師からは異なる意見をもらい、またまた(ますます)迷ってしましました。

 ここでもまた自分自身で選択です!私は充分に考えて、最終的に「信頼」と「フィーリング(相性)」で病院・医師を決めました。

 ここから、いよいよ治療のスタートです。がんという個性ができた私のがんと向き合い共に歩く人生のスタートです。

「がんになること」は決して嬉しいことではありません。


キャンサーギフトのひとつ宝塚観劇にて記念撮影

 もちろん、嬉しいことではありません。辛いこと、苦しいこと、悲しいこと、痛いこともたくさんあるのも現実です。しかし、乗り越えればそれも思い出のひとつとなります。 受け入れれば、自分自身の個性になります。

 乳がんになってからの私が好き!人生が楽しい!!これは、「起こることを受け入れる」思考ができたからです。乳がんになってからある方から「起こることには、必ず意味があるんだよ!」と、教わりました。

 私が乳がんになった意味を考え自分に何が出来るのか?何をするべきなのか?を問いながら、五体満足であること、美味しく食べられること、歩けること走れること、話せること、笑顔でいられること、明日が必ず来ること、そんな当たり前な事が、凄いことなのだ、素晴らしいことなのだという事を教えてくれた、私の新しい個性に感謝して今日も生きています。

「キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~」スタートします!

 私は、2007年4月に乳がん告知受けてから今年で9年目となります。 乳がん卒業と言われる10年まで後1年です。今、私はこれまで以上に前向きに生きています。

 この9年間は人生の中で「キャンサーギフト」が詰まった多くのことを得た時間でした。その中の体験したこと、感じたこと、考えたことを、「キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~」として、ここで"ぶっちゃけて"いきたいと思います。

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
10月21日(土) 愛知県
患者さん・一般の方向け
豊田厚生病院 第84回 がんサロン "煌(きらめき)"「患者・家族でもできる疼痛緩和」
10月21日(土) 愛知県
患者さん・一般の方向け
【豊田厚生病院】第6回がんについて考える市民公開講座 ~働きながらもがん治療が受けられる時代へ~
10月21日(土) 埼玉県
患者さん・一般の方向け
ピンクリボンフェスinきたもと2017
10月21日(土) 鳥取県
患者さん・一般の方向け
第9回 宿坊で語り合う がん患者の集い
10月21日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
順天堂医院 第10回 アピアランス講習会
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ