乳がんとともに生きる人を理解する

青木 美保 帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー

 乳がんは、今では多くが克服できるがんになっています。 がんを克服するためには、知識という力を得ることが重要です。患者さんが治療に積極的に参加できるように、乳がんという病気や治療について知識と力を得ることができれば、不安を減らし、限られた時間の中でさまざまな決断を下し、人生とどう付き合っていくか、道が見えてくるはずです。

 最近、日本でも「乳がんサバイバー」という言葉が聞かれるようになってきました。乳がんサバイバーとは、乳がんとともに生き、克服し、乗り越えて生きる人、つまり乳がんと診断されたすべての人を意味する言葉です。乳がんと診断されたときから人生の最後まで、生き残ることを勝ち取り、乳がんの生存者であり続けるという意味が込められています。

 今回の連載では、著者自身の乳がんサバイバーとしての経験と医療者としての視点から乳がんについて理解していただければと思います。また最近、知られるようになってきた遺伝性乳がんについても触れたいと思います。

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

もくじ

プロフィール

青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)

看護師、保健師、衛生管理者、認定遺伝カウンセラー
帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター非常勤勤務
お茶の水女子大学大学院博士後期課程 ライフサイエンス専攻 遺伝カウンセリング領域

経 歴

高知県立大学看護学科卒業。看護師、保健師として長らく勤務。40歳で乳がんになり克服。最善の病院や医療者とどのように出会い、必要な情報をいかに選択するかなどについて同じ体験をした女性たちに伝えたいという思いから、乳がん女性のための団体We can fight(ウィメンズ・キャンサー・ファイター・サポート)主宰。ジョンズ・ホプキンス・エイボン基金・ブレストセンターで出会った著書を編訳。その後、認定遺伝カウンセラーの資格を取得し、帝京大学病院にて遺伝性乳がん等の遺伝カウンセリングを担当。

書籍・編訳

『生きるための乳がん』(三一書房)
『生きるための乳がん』
(三一書房)
『再発・転移性乳がんを生きるための100の質問』(彩流社)
『再発・転移性乳がんを
生きるための100の質問』
(彩流社)

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
12月12日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
乳房再建を自分の言葉で話す会(NJH)
12月13日(木) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
がん哲学外来 坂の上の雲 暖だんカフェ
12月13日(木) 福岡県
患者さん・一般の方向け
九州大学病院がんセンタークローバー会 第6回 安心して治療に取り組むために ~がんの療養と緩和ケアについて~
12月14日(金) 大阪府
患者さん・一般の方向け
大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts 【第12回】下半期ラップアップ 臨床試験の疑問に全て回答します
12月14日(金) 新潟県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
第38回 新潟 がん哲学外来カフェ
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ