病気になっても仕事を続けるための支援

荒木 葉子 荒木労働衛生コンサルタント事務所

 仕事の意義は人によって様々ですが、経済、人とのつながり、所属感、生きがい、などがあげられるでしょう。病気と診断され長期療養が必要になった際に、雇用は大丈夫か、治療後以前と同じように働けるかなど、仕事に関する不安が生じてきます。けれども患者さんは、医療職には仕事のことは相談しにくいと感じており、また、医療職は患者さんの仕事と治療の両立をどのように支援すれば良いかわからない、と報告されています。

 平成28年2月に厚生労働省から「治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」が出されました。このガイドラインをベースに、病気になっても仕事を続けるための支援法を考えていきましょう。

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

もくじ

プロフィール

荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)

慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。報知新聞社産業医、カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学、NTT東日本東京健康管理センター所長、東京医科歯科大学女性研究者支援室特任教授兼務などを経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。

著 書

『働く女性たちの<br />ウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)
『働く女性たちの
ウェルネスブック』
(慶應義塾大学出版会)

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(乳がん体験者の会「KSHS」代表)
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
02月24日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
第14回 ONCOLO Meets Cancer Experts(OMCE):がんに対する免疫療法最前線
02月25日(土) 愛知県
医師・医療スタッフ・保健師向け
第 13 回 中部乳癌会議
02月25日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
乳がん女性のためのサポートプログラム 交流会
02月25日(土) 愛知県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
講演「低侵襲外科治療について」
02月25日(土) 愛知県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
講演「がん医療の最前線-予防から診断・治療まで-」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ