がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~

No.5 産業医や医療機関との連携

伊藤美千代 東京医療保健大学 医療保健学部 看護学科 監修:錦戸 典子 東海大学大学院健康科学研究科
(2013年07月)
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

ヒント11. 産業医と役割分担し、定期的に情報交換します

 復職時の労働条件の調整では、関係者間での会議では議論されにくい職場の同僚が感じている不安や不平といったデリケートな情報を、幅広く収集し、事前に職場の受け入れ態勢を確認すること、さらに産業医が適切な意見を会社(人事労務)へ伝えるための情報提供は大切です。

1. 普段からの社内ネットワークを活用した、幅広い情報収集を行います

 産業医は非常勤である場合も多いので、限られた時間内で、労働者・会社にとって最良の判断ができるよう、産業看護職が普段から情報収集をしておくことが有用です。職場巡視等の機会を活用して、労働者が復職を予定する部署に足を運び、職場の雰囲気や人間関係を把握するとともに、関係者からのヒアリングを行っておくと良いでしょう。

2. 産業医との定期的な情報交換を行います

 労働者の健康状態、治療内容とその効果、労働負荷、職場での様子、職場の受け止め、上司の意見など、産業医、産業看護職のそれぞれが得た情報を共有し、支援に当たることで、労働者と会社の双方にとってより良い支援を行うことができます。

3. 人事労務担当者に産業医との連携について助言します

 人事労務担当者に対し、産業医に意見を聞く事項・タイミングに加え、限られた産業医の勤務時間内で、どのような内容を相談すると良いかについて助言を行うことが大切です。

ヒント12. 医療機関との連携の要否や方法、連携内容について検討し、調整します

 人事労務担当者が治療に関する情報を必要とした時に、何を、誰に、どのように尋ねれば良いかを助言することは、会社(人事労務)による合理的配慮の実践、労働者にとっての無理のない労働につながる大切なことです。

1.かかりつけ医や専門医からの意見が必要かどうかの助言

 がん治療には、がんの専門医に加え、かかりつけ医、場合によってはセカンドオピニオンなど複数の医師が関わります。職場復帰時はもちろんこと、治療によって健康状態に当初の予測を超えた変化があった場合、職場の様子が変わった場合などに、労働者の働く様子などから、会社の危機管理と労働者の健康を護るという両方の視点で、かかりつけ医や専門医に意見を仰ぐ必要があるかどうかの相談にのります。

2.かかりつけ医や専門医との連携の仕方を助言

 会社が労働者の疾病等を照会する場合、本人の同意または同席が必ず必要です。外来受診の場に電話をする、社内の産業保健スタッフからの手紙を本人を通じて渡す、本人が診察時に社内の関係者の同席を希望して説明を受けることを医師に申し出るなどがあります。意見を尋ねる医師の所属病院の特徴や本人の希望に基づき、どのようにコンタクトをとったらよいかの助言をします。

3.先を見据えた情報交換が大切

 予測される急な体調悪化と、その時の対処法に関して、前もって情報を得て準備することが必要です。その際の助言をします。

 がんをもつ労働者の健康管理(治療含む)と就労の両立、および会社側の危機管理をバランスよく推し進めるためには、労働者ご本人の気持ちや産業医、治療にあたる医師の意見のみならず、受け入れる職場の状況を丁寧に確認し、その情報を関係者に伝えること(コーディネーション)が必要です。事例により進め方は異なりますが、本コラムでご紹介させていただいたヒントを活用しながら、それぞれの状況に合わせてより良い支援を工夫していただければと思います。

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
11月17日(金) 北海道
患者さん・一般の方向け
旭川医科大学病院 腫瘍センター がん患者サロン ほっとピアセミナー「抗がん剤治療に伴う外見の変化へのケア」
11月18日(土) 愛知県
患者さん・一般の方向け
豊田厚生病院 第84回 がんサロン "煌(きらめき)" 「最近のがん相談の話題」
11月18日(土) 静岡県
医師・医療スタッフ・保健師向け
第11回がん看護フォーラム21 テーマ:今さら聞けないがん薬物療法とその副作用
11月18日(土) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
ピンクリボン湘南ウォーク
11月18日(土) 宮城県
患者さん・一般の方向け
がん患者さん支援のためのピアサポーター育成研修会 ~がんサロン編~
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ