がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~

錦戸 典子 東海大学大学院健康科学研究科

 平成22-24年度 厚生労働省がん臨床研究事業「働くがん患者と家族に向けた包括的就業支援システムの構築に関する研究」班(研究代表者:高橋 都先生)では、平成23年度より錦戸が研究分担者として同研究班に参画し、産業看護職グループとして研究を開始しました。

 がんと就労の両立支援において産業看護職がその機能・役割を活かしどのように貢献できるか、また、より良い支援を行うための重要なポイントや具体的な内容について、これから数回にわたって紹介させていただきたいと思います。

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

もくじ

プロフィール

錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)

経 歴

1987年
富士通エフ・アイ・ピー株式会社 保健師
1997年
聖路加看護大学看護学部 助教授
2002年
東京大学大学院医学系研究科 助教授
2004年
東海大学健康科学部看護学科 教授、東海大学大学院健康科学研究科 教授 現在に至る

著 書

産業ストレスとメンタルヘルス -最先端の研究から対策の実践まで(共著2012年)、産業看護実践Q&A(共著2012年)

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(乳がん体験者の会「KSHS」代表)
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
02月24日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
第14回 ONCOLO Meets Cancer Experts(OMCE):がんに対する免疫療法最前線
02月25日(土) 愛知県
医師・医療スタッフ・保健師向け
第 13 回 中部乳癌会議
02月25日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
乳がん女性のためのサポートプログラム 交流会
02月25日(土) 愛知県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
講演「低侵襲外科治療について」
02月25日(土) 愛知県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
講演「がん医療の最前線-予防から診断・治療まで-」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ