働く女性と乳がん
-がん治療と乳房再建のいま-

No.10 乳房再建体験談 不安定だった体のバランスと気持ちの回復(57歳女性 Step-CAL再建)

辻 直子 セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師
(2017年11月)
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

再建する?しない?再建方法は?...乳房再建には選択肢が多い!

 乳房再建は、QOL向上の観点から、近年では乳がん治療の一部として見なされる流れが強まってきていますが、実際は、乳房切除後の乳房再建率は12%(2010年上半期の統計)と全体の1割程度に過ぎません。

 また、乳房再建を実施している施設は首都圏に集中しており、地域格差の大きさも問題となっています。

 乳房再建は、「再建する」「再建しない」を自分で決めることができます。再建をする場合は、いつ、どの施設で、どんな方法で再建するかなどの選択肢も多く、それも自分で決めることができます。

 ただし、自分ひとりで決めるには不安が大きく、そんな時、必要となるのが情報です。特に知りたい情報が「体験談」だと思います。経験者の話を聞こうにも、経験者と話せる機会はなかなかない...そんな現実に悩む方のために、今回は、当院に来られた方の体験談を1つご紹介します。

どこか前向きになれない自分の後押しのために
(57歳女性 Step-CAL再建)

 今回ご紹介するのは、乳房切除術後、当院で脂肪のみで乳房を形成する"Step-CAL"で乳房再建された57歳の方の体験談です。この方は、主治医の先生からのご紹介で当院を受診されました。

治療内容詳細

・手術1回目:ティッシュエキスパンダー挿入+CAL脂肪注入1回目
挿入したティッシュエキスパンダーに少しづつ水を入れることで皮膚組織を拡張します。

・手術2回目:CAL脂肪注入2回目
挿入中のティッシュエキスパンダーの中の水を少し抜いて、その分の体積を脂肪に置き換えます。

・手術3回目:ティッシュエキスパンダー抜去+CAL脂肪注入3回目
ティッシュエキスパンダーを抜去し、胸を全て脂肪のみ再建できました。

・手術4回目:健側乳頭移植
健康な胸の乳頭を半分移植して乳頭を形成します。局所麻酔の手術です。

・その他:医療刺青
医療刺青で乳輪の色を整えます。手術ではなく、診察室で施術可能です。

Step-CAL"とは?

 脂肪注入を何回か繰り返して乳房を再建する方法です。この方法は、脂肪の生着率が特に重要になり、幹細胞を加えるなどの工夫が必要で最新の再建方法の1つです。  

参考:No.6 最新の乳房再建、脂肪注入と幹細胞

手術を決めたきっかけ マイナスに傾いている自分を戻すため

 「正直、費用は高いのでどうしようかと思いました。でも以前(乳癌手術前の自分)に比べ少し考え方がマイナスに傾いている自分も感じていました。それをプラスに持っていける自分にしたいと思ったことと、主人の後押しで費用のことも見積もりをたて、やることを決めました。そして、それだけの価値のある再建治療ができるのだということを信じました。」

 この方のように、乳がんの罹患をきっかけに"どこか前向きになれない" "自分に自信がもてない"と考え方がマイナス方向に傾きがちになる方に多く出会います。

 そんな時に、自分で自分の再建方法を選択し、自分の選択を信じて突き進むという経験は、"自分を変える"もしくは"元の自分を取り戻す"とても良いきっかけとなるのだと思います。

不安定だった体のバランスも戻ってきます

 同じ悩みを持つ方へのアドバイスも頂いていますのでご紹介します。

 「再建をおすすめします。それは以前の自分を取り戻すこともできると思いますし、今まで不安定だった体のバランスも戻ってきます。個人差はあると思いますが、肩こりが解消されたり、姿勢が良くなったり、気持ちでもリフレッシュされ、おしゃれも楽しくなります。女性にとっては大切なことだと思います。CALで再建をしてワイヤーブラをつけた自分の胸を見て感動‼するはずです。費用をかけて「やって良かった!」と思える自分がいます。」

 自分で決めてつくった胸に自信があるからこそ、姿勢も自然と良くなり、様々なことを楽しめるようになったのではないでしょうか。"どの方法が自分に最適か"は、もちろん、専門医からのアドバイスも大切ですが、一番大切なのは"自分で決めること"、そして"自分で決めたことに自信を持つこと"なのかもしれません。

 今後も、体験談の紹介を定期的に行うことで少しでも"再建治療を始める後押し"や"再建方法の選択"のお役に立てればと思います。

セルポートクリニック横浜は、乳房再建の説明会を定期的に開催しています。CALだけではなく乳房再建について網羅できる良い機会ですので是非、ご参加ください。

次回説明会は東京開催です!
2017年11月4日(土) 東京都 
無料乳房再建セミナー@東京 六本木セルポートクリニック横浜の脂肪注入型再建


画像提供:セルポートクリニック横浜

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
10月15日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
池袋がん哲学外来・ 帰宅中カフェ
10月16日(火) 東京都
患者さん・一般の方向け
JCHO東京新宿メディカルセンター がん患者サロン 第4回目:「こころの持ち方」と対話、修了式
10月16日(火) 愛知県
患者さん・一般の方向け
名古屋市立大学病院 第60回患者情報ライブラリーセミナー「がんとこころのケア」
10月16日(火) 埼玉県
患者さん・一般の方向け
埼玉県立がんセンター ホスピス緩和ケア週間「知って得する!生活の質を高めるひと工夫」
10月17日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
第99回 マンマチアー(Mamma Cheer)"チアー活動"「がんのアンコンシャスバイアス(無意識の偏見)を解放する」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ