2020年04月27日

【若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring®に聞く】⑵~オンラインイベントの成功に必要なこと~

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

 新型コロナウイルス感染症が流行により、増えつつあるオンラインのイベント。「やってみたい」と思いながらも躊躇している主催者、そして「参加してみたい」と感じながらもどことなく不安を感じているサバイバーもまだ多いようです。

 コロナウイルスがまだ流行する前の2019年11月から、オンライン型のイベントを開催してきた「若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring®」事務局の吉川春菜さんに、実際に集まる会とオンラインの会との違いや、有意義な会にするための工夫など、オンラインイベント成功の秘訣についてうかがいました。

対面でのイベントとの違い オンラインの会だからこそ向いている内容も

 ―――――これまで開催した「WEB おしゃべり会」を通して感じた、対面でのイベントとオンラインの会との違いを教えてください。

 吉川(以下敬称略):『対面でのイベント参加者のほとんどは近郊にお住まいの方ですが、オンラインの会の場合は全国各地、ときに海外からもご参加いただけることが一番の違いかと。また、治療に伴う副作用や感染リスクの恐れ、そして外見の変化によって外出をためらう方にも安心してご参加いただける環境を提供できると思っています。

 オンラインの会は、WEB会議ツール「Zoom」の機能上、複数人が同時に話したり相槌を打ったりすることは難しいのですが、ひとりひとりのエピソードをじっくりと伺ったり、対面では難しいピンポイントなテーマについて掘り下げたりすることには向いていると感じます。』

 ―――――これまでの会で、特に印象に残っているエピソードを教えてください。

 吉川:『日本人の同じ病気の方と話をする機会がなかった海外在住のサバイバーさんが「いつかPink Ring®のおしゃべり会に参加して若年性乳がんの仲間とお話ししたい」と思っていたところ、「WEB おしゃべり会」を見つけてくれて、「これなら」と参加してくれました。

 海外での闘病に不安や孤独を感じている方も多くいらっしゃると思いますので、そういった方々の元にも情報を届け、世界の仲間とつながる機会になったらうれしいです』

 ―――――オンラインの会を行う上で、特に工夫なさっていることを教えてください。

 吉川:『参加者のプライバシーとイベントの開催環境を守るため、不特定多数の方が閲覧できるような場所を避け、ご自宅など静かなところでご参加いただくようにお願いしています。また、みなさんが安心してご参加できるよう、お顔出しは必須としています。

 さらに画面を通じての会話をスムーズに行っていただけるよう、当会から2名以上のファシリテーターが参加しています。画面からは表情や共感が伝わりにくいので、ファシリテーターは対面イベントよりも大きくうなずき、笑顔を心掛けるようにしています。』

 ―――――新型コロナウイルス感染症が流行している中、不安な気持ちで過ごしているがん患者さん、サバイバーさんに向けてメッセージをお願いします。

 吉川:『 Pink Ring®では、新型コロナウイルス感染の収束が見られるまで、直接お会いする形でのイベントを自粛しております。しかしながら、このような状況の中、治療のこと、通院のこと、手術のことなど特有の悩みや不安を抱えている方は多いと思われます。

 私たちはみなさんと同じ若年性乳がん体験者の立場なので、医療に関わる直接的な情報は伝えられませんが、悩みを共有すること、また正しい情報にたどり着くためのお手伝いはできると考えています。

 現在、「WEBおしゃべり会」をはじめとするオンラインでのセミナー開催や、今までスタジオで行ってきたキャンサーヨガをオンラインで参加いただけるよう企画中です。新型コロナウイルスの1日も早い収束を願ってやみませんが、今だからできることを丁寧に、みなさんとあたたかい時間を共有したいと思います。』

「がんの経験を勲章に」の想いを込めて作ったという「Pink Rosette®(ピンクロゼット)」

Pink Ring® WEBおしゃべり会 特別企画!

 「セルフストレスケアマネジメント」~コロナ禍の不安や疲れをふきとばせ!みなさんはどんな風にストレス解消していますか?~
 日時:2020年4月29日(祝・水)10:00~12:00

 『WEBおしゃべり会の無料モニター回は終了しましたが、緊急事態宣言という状況を鑑み、無料でご参加頂ける特別企画を新たに用意しました。

 これまでのWEBおしゃべり会はフリートークが中心でしたが、今回は病気と向き合いながらコロナストレスに対して、キャリアカウンセラーの方によるワーク「自分の元気度のセルフモニター」と、ストレスに関するミニセミナーを行います。ワークやおしゃべりを通して、自宅待機のストレスを少しでも解消してもらえればと考えています』(吉川さん)

若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。
(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
10月22日(木) 栃木県
患者さん・一般の方向け
栃木県立がんセンター がん相談支援センター『ミニレクチャー』 第7回 インフルエンザを予防しよう
10月22日(木) オンライン
患者さん・一般の方向け
マギーズ東京 オンライン「チャールズクラブ」
10月22日(木) オンライン
患者さん・一般の方向け
若年性がんサポートグループAYACan!! 10月のオンラインサロン
10月22日(木) 三重県
患者さん・一般の方向け
三重県がん相談支援センター グリーフケアサロン「おあしす」
10月23日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts(OMCE)2020 第58回 がんとリハビリ
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ