2019年07月24日

24時間健康相談やセカンドオピニオンの手配も無料! 利用しなくちゃもったいない、生命保険の「付帯サービス」(1)

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

 生命保険の「付帯サービス」ってご存知ですか?

 保険の契約者であれば無料もしくは優待価格で利用できるサービスで、内容は「医療・健康」や「福祉・介護」に関するものが中心です。

 多くの生命保険会社が「付帯サービス」を提供していますが、契約者にその存在はあまり知られていません。ご自分が契約している生命保険を確認して、「付帯サービス」があればぜひ利用してみてください。

 数多くの生命保険会社から委託を受け、これらの付帯サービスを運営しているティーペック株式会社にて「24時間電話健康相談サービス」についてのお話をうかがいました。

育児と介護のWケア世代・30〜40代女性の悩みに寄り添う


ティーペック株式会社の東京メディカルコールセンター


 ティーペックの「ハロー健康相談24」は、会社の創業年である1989年からスタートした24時間年中無休の電話健康相談サービスであり、今年、累計相談数が2,000万件を突破しました(2019年6月時点)。

 電話対応するヘルスカウンセラーは、5年以上の臨床経験を持つ看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー、糖尿病療養指導士といった医療資格保有者で構成されています。さらに電話健康相談スタッフとしての心構えと技術を習得するために、200時間以上の研修を受けています。

 他にも、臨床心理士、精神福祉士や公認心理士の資格をもつ心理カウンセラーも常駐しており心身の健康をサポートできる体制が整っています。

 相談内容は健康や医療のほかに、介護や育児、メンタルヘルスの相談など、多岐にわたっています。

 「赤ちゃんの夜泣きが止まらない」「離乳食の作り方を教えてほしい」「肩こりがつらい」「いつもより生理の出血量が少ない」「ママ友との関係がうまくいかない」といった日常の気になる症状や悩みでも気軽に相談できるとのことです。また自分のことだけではなく、親や配偶者、子どもに関することでも相談ができます。

 相談者は、育児と介護のWケア世代である30代、40代の女性が最も多く、主な相談内容は「気になるからだの症状」「治療中の病気のこと」「受診後、気になったこと」。また、症状別では「痛み」「倦怠感」「ストレス(精神症状)」が上位3項目となっています。

ネットサーフィンで不安になるよりも、気軽に電話を

 からだについて気になることがあると、まずインターネットで調べる人は多いと思いますが、調べていくうちに自分が重篤な病気なのではないかと思い込み、強い不安を感じて具合が悪くなっていくというケースがよくあります。

 「ハロー健康相談24」では、そうした不安にかられた人からの相談も承ることが多いと話してくれたのは、現在入社5年目のヘルスカウンセラーのNさん。

 「ネット自体が悪いわけではなく、上手に使えばとても有用なツールなのですが、一般の人はつい読みやすい個人のブログや相談系のサイトを閲覧してしまうことが多いようです。ある相談で『すぐに受診するつもりだったのが、ネットサーフィンで不安な気持ちになったため、病院にいくのが怖くて結局受診が1ヶ月遅れた』という方がいました。不安な気持ちのまま、何時間も調べるくらいなら、疑問を持った時点ですぐにお電話をください。専門職の立場から対応させていただきます。」

 また「薬の内容や副作用の説明がわからなかった」「検診結果の見方が分からない」といった、病院の医師に確認できなかった内容やちょっとした疑問にも「ハロー健康相談24」を活用してほしいと言います。

 「気持ちが混乱していてうまく話せないかも」と不安に思われる方も多いそうですが、電話相談のプロとして、相談者のニーズを引き出しながら丁寧に対応してくれるとのこと。

 「相談者も電話で話しているうちに、自分が一番気になっていることは何か、本当の問題点やそれまで思いつかなかった選択肢が見えてくることがあるようです。専門職としてお役に立てれば嬉しいです。」(ヘルスカウンセラーNさん)


相談者から届いたお礼の手紙から一部抜粋

2へ続く

※「ハロー健康相談24」について
 各保険会社でサービス名称が異なる場合があります。付帯の有無についてご確認の際は、契約先に「24時間電話健康サービス」とお問い合わせください。

ハロー健康相談24
ティーペック株式会社

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。
(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
10月18日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
がん制度大学 テーマ2 障害年金と手続き
10月19日(土) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
第17回 川崎駅前 がん哲学外来・カフェ
10月19日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野
10月19日(土) 大阪府
患者さん・一般の方向け
リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ
10月19日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
乳房再建を自分の言葉で話す会(NJH)
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ