2019年07月01日

がん治療と就労の両立支援に積極的に取り組む アフラック (4) ~両立支援の取り組みを社内に周知、さらなる文化の醸成を目指す~

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

アフラック生命保険株式会社人事部の
田中美樹さん(右)と浜野直也さん(左)

 ―――――1974年、日本ではじめてがん保険を販売したアフラックは、社会に対しがんに関する啓発活動を積極的に行うとともに、 社内におけるがん治療と就労の両立支援について、力を入れています。

 社内に向けて、両立支援の取り組みを周知させることの重要性などについて、人事部の田中美樹さん、浜野直也さんにお話をうかがいました。

「がんになっても安心して働ける」ことを、社員全員に伝える大切さ

 当社では、がんになった社員に対し、上司を起点に産業医(健康管理室)・人事課が三位一体となって連携し、支援を行っています。 中でも「上司を孤独にしない」ということを重要視しています。部下ががんになるという経験は上司にとっても大変なことです。 産業医や人事部が上司からの相談にのるなどサポートを行っています。

 また、がんになった当事者に対してはもちろんですが、がん治療と就労の両立のためには当事者以外の社員にも 「自分ががんになったら、どういう風に働いていくことができるのか」「周りの人が、がんになったらどうサポートすればいいのか」 といったことを知ってもらうのが大切と考えています。

 社員に対する周知のために制作したのが、「がん・傷病就労支援」に関する情報をまとめた社内ポータルサイト、 そして制度や運用などを冊子にまとめた「がん・傷病 就労支援ハンドブック」です。

 他社の方から、両立支援の取り組みについてご質問を受けることがありますが、 ハンドブックでしたらどの会社でも取り入れやすいのではないかと思います。ハンドブックが難しければ、簡単なリーフレットでもいいので、 まずは形にすることが大切かと思います。


制度や運用などを冊子にまとめて社員に案内するために制作した
「がん・傷病就労支援ハンドブック」

 ハンドブックやリーフレットを作る以外にも、おすすめしたいのは、相談窓口をはっきりさせることです。 当社であれば上司、もしくは産業医のいる健康管理室が窓口となっていることを、全社員に周知しています。

 かつては、当事者への支援にとどまっていたのですが、職場の仲間たちのサポートが不可欠であることに気づきました。 ここ数年は、がんに罹患した当事者やその上司はもちろんですが、広く社内に、がんや傷病の治療と就労の両立支援の取り組みを伝えています。

 よい職場環境をつくるため「がんになっても安心して働ける」こと、そして「周囲のサポートがあるとより安心して働ける」ことを 今後も社員に伝え続けていきたいと思います。

■文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。
(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
09月15日(火) オンライン
患者さん・一般の方向け
若年性がんサポートグループAYACan!! 9月のオンラインサロン
09月16日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
NPO法人がんと暮らしを考える会 がん制度大学「休みの取り方・復職と傷病手当金」
09月17日(木) 岡山県
患者さん・一般の方向け
第9回AYACan!!おしゃべり会~若い世代のガン経験者で集まろう~
09月18日(金) オンライン
患者さん・一般の方向け
一般社団法人がんチャレンジャー 『寄り添い方』オンラインサロン(個人として、「寄り添い方」について学びたい方向け)
09月18日(金) オンライン
患者さん・一般の方向け
聖マリアンナ医科大学病院 乳がん院内患者会 マリアリボン 「第29回オンライン勉強会」
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ