2019年06月24日

がん治療と就労の両立支援に積極的に取り組む アフラック(2)~「All Ribbons」によるピアサポート~

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
アフラック生命保険株式会社人事部の
田中美樹さん(右)と浜野直也さん(左)

 ―――――1974年、日本ではじめてがん保険を販売したアフラックは、社会に対しがんに関する啓発活動を積極的に行うとともに、社内におけるがん治療と就労の両立支援について、力を入れています。

 数ある取り組みの中でも、2017年12月に発足した、がんを経験した社員によるコミュニティ「All Ribbons」の活動は画期的といえるでしょう。アフラック人事部の田中美樹さん、浜野直也さんに「All Ribbons」の活動の中心となる「ピアサポート」について、具体的な内容をうかがいました。

がん治療と就労の両立体験談は、生きた教材

 「All Ribbons」では、がんを経験した仲間としてピアサポート(※)を行っています。
(※)症状や悩みなどについて同じような立場にある仲間=英語「peer」(ピア)=が、自分の体験や行動、考えなどを披露し、互いに語り合い、支え合うことで回復を目指す取り組みのこと

 まずご紹介したいのは、メンバー自身の治療と就労の両立体験談の公開です。社内イントラネットにがん種・年代・性別のみが表記された匿名で掲載されていて、社員なら誰でも読むことができます。

 「仕事で苦労したこと」「工夫したこと」「職場での伝え方」など、両立する上で大切なことについて書いてもらっています。メンバー本人のありのままの想いを自身の言葉で寄せてもらっており、リリース後は両立しながら頑張っているメンバーの想いを知った社員から、大きな反響がありました。

 一般的な話ではなく、アフラックで働く仲間の事例ということが貴重であると感じています。がんに罹患した本人、もしがんになったらと不安に感じている人、さらに上司・同僚の立場としてどう対応したらいいのか。あらゆる社員にとって、この体験談は活きた教材となっています。

働き方やキャリアについて、匿名で相談できる

 がんに罹患した社員からの働き方やキャリアに関する相談に「All Ribbons」のメンバーが対応する窓口も設置しています。

 相談者がイントラネット上にあるポータルサイトからメールで相談内容を送ると、健康管理室の産業医が仲介し、「All Ribbons」に回答依頼を送ることで、匿名での相談も可能としています。「All Ribbons」からの返信に対しても、健康相談室が仲介し、戻します。

 また、相談者は両立体験談を読み、相談にのってほしい「All Ribbons」メンバーを選ぶこともできます。

 がんと診断されると「仕事をやめなきゃいけない」と思って早期に退職をしてしまう「びっくり退職」が起こるケースも多いといわれていますが、「All Ribbons」による相談窓口を社員に周知することで、がんに罹患した社員の悩みを一緒に解決する手助けができると考えています。

3へ続く

■文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。
(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
09月22日(日) 青森県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
Pink Ring 東北branch Event【Cancer Share Time 2019in青森~若年性乳がん体験者と支援者が語り学ぶ1日~】
09月23日(月) 兵庫県
患者さん・一般の方向け
トリプルネガティブ乳がん「ふくろうの会」第10回勉強会
09月23日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
第6回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座
09月23日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
王子がん哲学外来 5周年記念講演会
09月23日(月) 千葉県
患者さん・一般の方向け
千葉県、ちば県民保健予防財団、千葉県がんセンター主催 「がん講演会」
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ