2019年01月18日

乳がん手術の革新的な診断技術を開発 迅速・簡易な検査で「乳がんの取り残しなし」

キーワード:治療
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
 理化学研究所は、乳がんの手術中に摘出した組織で有機合成反応を行い、乳がん細胞の有無に加えて、がんのさまざまな種類(形態)を、5分間という従来よりも大幅に短い時間で、簡易に識別できる診断技術を開発した。

 乳がんの切除範囲を迅速・簡易・安価に判断することで、手術でのがんの取り残しを減らせる。この診断技術は、従来の手術中の病理学的診断法に代わる、新たな世界基準になる可能性がある。

20170615-14.jpg

乳がんの迅速・簡易・安価な手術中がん診断技術を開発

 理化学研究所は、乳がんの手術中に摘出した組織で有機合成反応を行うことにより、乳がん細胞の有無だけでなく、がんのさまざまな種類(形態)を従来よりもはるかに短い時間で、簡易に識別できる診断技術を開発した。

 乳がんは、日本人女性で最も患者数の多いがんで、12人に1人が罹患する。現在、乳がん切除手術では、乳房の膨らみを残して乳腺を部分のみ切除する「乳房温存手術」が主流になっている。

 この手術では、手術中に端の乳腺組織により顕微鏡で診断を行い、がんが残っていないかどうかを確認し、がんが残っていた場合には、さらに乳腺組織を追加して切除することで、できるだけ乳がんを取り残さないよう治療が行われる。

 また、退院後に最終的な顕微鏡検査(病理組織診断)で切除断端にがんが残っていた場合には、再度切除手術を行うことになり、乳がん手術の断端検査を厳密に行うことはとても重要だ。

 現在利用されているヘマトキシン・エオジン手法(HE染色法)と呼ばれる病理学的診断では、1回の検査に40分程度を要する。この間、全身麻酔の状況の患者と執刀医は結果を待つ必要があり、検査をする病理医の数も少ないことも課題になっている。

 そのため、患者の手術中の負担を減らし、短時間で簡便にできる迅速術中診断技術の開発が求められていた。

関連情報

5分で乳がんの術中診断ができる

 研究グループは、がん細胞で「アクロレイン」が多量に発生していることに着目。「アクロレイン」は、アルデヒド基が二重結合と炭素--炭素結合を介してつながった構造をもつ化合物のうち、アルデヒド基につながる二重結合がすべて水素で置換されている分子で、生体内のさまざまな分子と反応し、毒性が非常に強い。

 乳がん手術で摘出した生の組織に、細胞で発生する「アクロレイン」と、蛍光基をもつ「アジドプローブ」と有機合成反応させることで、がん細胞を選択的に蛍光標識できるかを調べた。その結果、手術中に患者から摘出した乳がんの断端をアジドプローブ溶液に5分間浸すだけで、97%の高い確率でがん細胞を判別できることが判明した。

 さらに、7種類の乳がん(浸潤がん、非浸潤がん、増殖病変、小葉がん、乳頭腫、微小浸潤がん、微小非浸潤がん)を、それぞれアジドプローブ溶液に5分間浸した後、顕微鏡で観察したところ、これらのさまざまながんの種類(形態)を確認できることも分かった。
 この結果は、従来の病理学的診断で用いられるHE染色法で得られた画像とほぼ同じ結果だが、アジドプローブ染色法を用いる方法では5分で同じ画像を得られ、圧倒的に短時間で簡便に診断ができる。

 同研究所では今後、乳がん診断検査の臨床研究を行い、多くの乳がん手術現場でこの技術が活用できるかを検証する。さらに、AI(人工知能)の画像診断技術とを併用することで、乳がんの切除手術の効率化を高めることも視野に入れている。

 「今後の臨床研究で、この技術が世界基準となり、専門的な技術や病理医の主観を必要としない技術が開発されれば、乳がんに含め、あらゆるがん手術の現場を改革できる可能性がある」と、同研究所では述べている。

 研究は、理研開拓研究本部田中生体機能合成化学研究室の田中克典主任研究員、アンバラ・プラディプタ基礎科学特別研究員、盛本浩二客員研究員、大阪大学大学院医学系研究科の多根井智紀助教、野口眞三郎教授、カザン大学のアルミラ・クルバンガリエバ准教授らの国際共同研究グループによるもの。
理化学研究所開拓研究本部田中生体機能合成化学研究室
Cascade Reaction in Human Live Tissue Allows Clinically Applicable Diagnosis of Breast Cancer Morphology(Advanced Science 2018年11月27日)
(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
02月19日(火) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
食事って楽しい!暖だんお助けキッチン 抗がん剤治療中の方のためのレシピ紹介と食事相談
02月20日(水) 大阪府
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
「いよいよ始まったがんの遺伝子検査と治療~乳がん・子宮がん・卵巣がん~」セミナー開催
02月20日(水) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
2018年度 がんと心 ストレスマネジメント ~からだとこころを整える~
02月22日(金) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
がんとお薬 知って安心!お薬情報「がんと漢方薬のおはなし」
02月22日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
Y4Cインストラクター養成コース
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ