2019年01月07日

乳がん患者会「ASHARE(アシェア)」(4)瞑想ヨーガ講師 廣瀬満重さんインタビュー 後編

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

 乳がん患者会「ASHARE(アシェア)」主催の「瞑想ヨーガクラス」を指導する廣瀬満重先生。

 2005年に乳がんと診断を受け、ホルモン療法中の2008年に再発、現在も治療を続けながら、瞑想ヨーガの講師として活躍しています。自分と向き合う時間を持ち、心を穏やかにしていく「瞑想ヨーガ」と出会い、廣瀬先生自身も「すごく楽になった」といいます。

 ヨーガとの出会いから、不安な気持ちとの接し方など、廣瀬先生にお話をうかがいました。

再発しても、人生は続いていく

――――――フルタイムの勤務や治療もある中、ヨーガ講師をなさるのは大変なのではと思うのですが

 今日は、ホルモン療法の副作用で胸骨が痛くて大変でしたが、クラスが始まったらもう痛みを忘れてしまいました。参加者のみなさんと一緒にいる時間は楽しいですし、役割があるというのは励みになります。

 多くの人は「乳がん=死ぬ病気」だと思っていますし、再発したらそれで終わりと短絡的に考えていますが、決してそんなことはありません。私のように、こうして何年も命をつなぐことはできますし、折り合いをつけながら普通の生活ができるんです。普通の事務の仕事をしていた私ですが、「ASHARE」のみなさんの助けをいただきながら、「再発しても、こんなことができています」と伝えられればいいなと思っています。

 初発の人の中には、「もしかして再発するのでは」という不安だけで、何もできなくなって籠もってしまう人もいると聞きましたが、あまりにもそれはもったいないです。再発したら、またそこから新しく治療が始まり、人生は続いていくんです。

――――――「あたたかい気持ちになれる」と、廣瀬先生のブログにはファンが多いとうかがいました

 ブログを始めたのは、私がいつまで生きられるのかがわからないと思い、当時まだ中学生だった息子に大きくなってから見てもらって、「お母さん、こんなことを考えて治療をしていたんだよ」と伝えられればいいなと思ったからです。でも、もう息子も大学生で、思いの外長生きしていますが(笑)。読んでくださる方に何かおすそ分けできればと、我が家の恥をさらしているわけですが、お役にたてているのであれば、うれしいです。

肩の力を抜いて胸を開くと、気持ちも前向きに

――――――ヨーガクラスの最後にキールタン(讃美歌)を歌うというのが、とても新鮮でした

 歌うというのは気持ちのいいものですが、乳がんの患者さんにとっては、歌うことで胸を開くというのがいいのだと思っています。どうしても胸に傷があるので、背中が丸くなってしまう。電車の中や人混みで、誰かにぶつかられたらどうしようと考えてしまう。でも背中が丸くなった状態では、どうしても「元気です!」とは言えないんですよ。逆に胸を開いた状態だと「元気ありません」と言ってもなかなか信じてもらえない(笑)。

 クラスで深い瞑想の後にキールタンを歌うと、涙を流す人もいます。きっと出るべくして出るのかなと感じています。

――――――最後に、乳がん経験者のみなさんにメッセージをお願いします

 不安な気持ちになると背中が丸くなり、呼吸が浅くなってしまいますから、まずは肩の力を抜いて、胸を開いて、口角を上げる。それだけでも大きく変わりますよ。

 治療のこと、副作用のこと、今後のこととか、考えるときりがないし、時間はあっという間にたってしまいます。私もこれまでいろいろな治療をしてきて、全てが正解だったかどうかはわかりませんが、最善、最良の選択をしてきたと思います。今を大切に過ごしてほしいです。

■参考
乳がん患者会「ASHARE(アシェア)」
廣瀬先生のブログ「ロッキングチェアに揺られて」

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
01月18日(金) 北海道
患者さん・一般の方向け
旭川医科大学病院 がん患者サロン ほっとピアセミナー「がんと嚥下」
01月18日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
平成30年度 がんサバイバーシップ研究成果発表会・セミナー
01月19日(土) 秋田県
患者さん・一般の方向け
【秋田県 乳がん患者サークル Happy Cafe Club主催】もっと知りたい! 乳房再建~再建の先輩・仲間とおしゃべり会
01月19日(土) 大阪府
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
第11回 阪急梅田サロン がん哲学外来・カフェ
01月19日(土) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
第1回 がんピアサポート大会 in Yokohama ~ ピアサポートの明日をつくる ~
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ