2018年09月04日

抗がん剤の副作用のよる爪の悩み 〜ネイリスト・森本恵さんに聞く(1) ネイルケアのポイント

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

「脱毛」ほど知られてはいませんが、抗がん剤や一部の分子標的薬の副作用の1つに「爪の変形や変色」があります。アピアランス(外見、見た目)としての問題に加え、痛みや炎症を引き起こす可能性もあり、正しいケアが必要です。

 がん治療の副作用による脱毛や爪の変色、肌のくすみなど、外見変化の悩みに対応するみなとアピアランス・サポート相談室 (東京都港区)のアピアランスアドバイザー・森本恵さんは、正看護師の資格を持つネイリスト。看護師である森本さんがネイリストへと転身した理由、そして抗がん剤の副作用による爪のトラブルとケアについて、お話をうかがいました。

看護師からネイリストへ

 正看護師の資格を持ち、病院で12年間、看護師として働いてきた森本さん。抗がん剤の副作用を始め、患者さんが抱える爪のトラブルを目の当たりにし、ネイルケアの重要さを感じたといいます。

「爪は生活を送る上でとても大切なところです。アピアランスとしてもそうですが、爪のトラブルで痛みや炎症があれば、健康な人でも手を使った作業がやりにくくなったり、うまく歩くことができなくなったりします。がんなど病気を抱えている患者さんであれば、こうした小さな炎症からも大きく体調を崩す可能性があります」(森本さん)

 患者さんの力になりたいと、看護師の仕事をしながらネイルスクールに通い、資格を取得。しかし当時の看護師としての立場では、できることに限りがあり、爪のケアまでは配慮が行き届かない現実があったそうです。

 昨年3月に看護師を辞め、現在は「みなとアピアランス・サポート相談室」のアピアランスアドバイザーとして、がん患者さんのネイルケアを担当なさっています。

甘皮ケアで、爪の成長する環境を整える

 爪に起こる抗がん剤の副作用には「巻き爪」「爪が黒く変色」「爪にスジが入る」「爪が薄くなり、割れる」といったものがあります。爪は付け根にある爪母細胞で作られますが、抗がん剤によりこの部分が影響を受けて、爪の細胞分裂や増殖が損なわれることによって副作用が起こります。影響を受けた部分が爪に現れるのは、抗がん剤治療が終わって数ヶ月たった後です。

 抗がん剤の副作用に対するネイルケアで、まず行うのは「甘皮ケア」です。手足を温かいお湯につけてふやかした後、余分な甘皮を取り除きます。結果、爪母細胞の環境を改善、健康で丈夫な爪が生えてくるのです。

 「さらに甘皮ケアの後に保湿のオイルを塗るのですが、甘皮周りをキレイにすることでオイルの吸収がよくなり、さらに良い爪が生えてきます」(森本さん)

 また抗がん剤の副作用で、指先にしびれが出ることもあるのですが、そうした方には、極力、圧をかけないように爪を切り、ネイルファイル(やすり)をかけるときも、1回ずつゆっくり、弱くかけるようにしているそうです。

 使用しているネイルポリッシュも、がん患者さんのQOL向上を目的に開発されたもので、主成分は水で保湿効果があります。抗がん剤治療中の患者さんは、吐き気があったり、匂いにも敏感だったりしますが、この製品は有機溶剤が使われていないので、気になる揮発性の匂いが全くありません。

 施術時間については、ネイルポリッシュを塗らない場合は手と足を合わせて約1時間とのことですが、これはあくまでも目安。

 「体調によっては、もう少し短い時間で手早く施術することもできますし、もし話を聞いてほしいということがあれば、ゆっくり時間をかけて行っています。いらしたお客様のご様子を見て、そのあたりは判断するようにしています」(森本さん)

 看護師の経験を生かした、体調に合わせたケアを提供する森本さん。治療中の人にとっては、大変心強いのではないでしょうか。

(2) 自分でできるネイルケア へ続く

■参考
みなとアピアランス・サポート相談室
TEL:03-3445-4010
e-mail:info@salon-esthe.com
抗がん剤の副作用のよる爪の悩み 〜ネイリスト・森本恵さんに聞く(2) ネイルケアのポイント

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
11月21日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
聖路加国際病院 がんの治療とお金について学び、 人生プランを考えるためのグループ おさいふ Ring
11月21日(水) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
2018年度 がんと心 ストレスマネジメント ~からだとこころを整える~
11月23日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
がん哲学外来ナース部会全国大会 医療の隙間を埋める看護師の役割 ~ 21世紀の医療の隙間を埋めるブリッジ(懸け橋)とならん ~
11月23日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
キャンサーフィットネス がんサバイバーのためのチアダンス教室
11月23日(金) 岐阜県
患者さん・一般の方向け
岐阜県看護協会 市民公開講座「もっと知ってほしい。がんと生活のこと
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ