2018年08月13日

自分の健康は自分で創る 市民が主体となった健康づくりを(1)ピープル・センタード・ケアとは?

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

ピープル・センタード・ケアとは

 病気になったとき、医療従事者の助けを得ながら治療について考え、患者本人が納得した治療選択をするのが基本です。しかし、気がつくと医療従事者に勧められるがまま、治療を決めてしまっていることがあります。中には言いたいことも言えず、納得のいかない状態で、治療が進んでしまう人も。どうしてこのような状態になってしまうでしょう。

 自分の健康問題に対して、医療者主導の状態ではなく、市民、つまり当事者が主体となり、医療従事者とパートナーを組んで取り組むことをピープル・センタード・ケア(People-Centered Care[略してPCC])といいます。

 ピープル・センタード・ケアの研究開発を目的とする聖路加国際大学研究センターPCC実践開発研究部の高橋恵子准教授は、医療従事者が市民に対して治療などについての健康情報をわかりやすく提供する必要があるのはもちろんですが、市民の側も自分たちの健康は自分で創る主体的な意識が必要だと言います。

 「病院内で医療者主導になりがちな理由については、『先生の言うことがよくわからない』ということが患者さんからよく聞かれ、自分のことであっても、からだのことや治療のことについての専門的な情報の説明を理解するのが、市民には難しいことが考えられました。

 医療従事者と一般の人の間の健康情報に関する知識の差が大きいというのは仕方のないことではありますが、もっと一般市民が自分の健康を主体的に自分で創っていけるように、市民が必要とする健康に関する知識を得られるための支援を医療従事者がする必要があると、私たちは思い始めました」(高橋准教授)


ピープル・センタード・ケアの研究開発を
目的とする聖路加国際大学研究センター
PCC実践開発研究部の高橋恵子准教授

スタッフが、必要な健康情報を探す手伝いを

 そこで2004年に立ち上げられたのが、「聖路加健康ナビスポット:るかなび」(以下:「るかなび」)です。現在「るかなび」では、看護職のスタッフが1対1の対面で対応する「健康相談」(相談料は30分500円〜)、骨密度や体脂肪・筋肉量などの測定ができる「健康チェック」(測定料500〜1000円)のほか、闘病記や健康に関する書籍やパンフレットが3000冊ほど置かれ、スタッフと一緒にネットや本の健康情報を検索することができます。

 「『聖路加で、その方が求める健康情報を見つけるためのナビゲートをしよう』ということから、「るかなび」という名前にしました。

 健康相談では、いらっしゃる方の質問にすぐ答えるのではなく、本やネット情報からの探し方や、かかりつけ医のある方には受診時の質問の仕方などをご紹介しながら、求める健康情報の見つけ方を含めた対応をするようにしています。

 そうすることで、次に、また何かわからないことや、ほしい健康情報があった場合に、ご自身でも本やネット情報から、またかかりつけ医や専門相談窓口などに聞くなどして、ほしい情報がどこにあるかがわかり、調べられるようになるからです。」(高橋准教授)

 また隔月で健康情報の提供としてのミニ健康講座と、心の癒しを提供するミニコンサートも行われ、だれでも気軽に立ち寄れる場所となっています。


聖路加健康ナビスポット「るかなび」
書棚には、闘病記のほか健康に関する
本や雑誌、パンフレットが並ぶ

→ 自分の健康は自分で創る 市民が主体となった健康づくりを(2) に続く※近日公開予定です

■参考
・聖路加健康ナビスポット「るかなび」
東京都中央区築地3-6-2
大村進・美枝子記念 聖路加臨床学術センター1階
TEL 03-6226-6390
月〜金曜 10:00〜16:00

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
06月26日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
女性がん患者のためのヨガ教室 "さくらキャンサーヨガ" vol15
06月27日(木) 東京都
患者さん・一般の方向け
2019年度 東大患者サロン「治療と食事」
06月28日(金) 千葉県
患者さん・一般の方向け
ピア・サポーターズサロンちば
06月29日(土) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
乳房再建サロン
06月29日(土) 石川県
患者さん・一般の方向け
ピアサポート研修会「ピアサポートの理論とコミュニケーションについて学ぼう!」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ