2018年05月29日

がん患者としてではなく、その人らしくいられる街の中の安息所 〜金沢市「元ちゃんハウス」〜

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
---------------- がんを抱えた人、その家族・友人を支え、不安を取り除き、病人としてではなく、その人らしくいることができる"場"として2016年12月1日、石川県金沢市に誕生した「元ちゃんハウス」。オープン1年で来訪者は見学者も含めると1300人超。病院の外で、不安や悩みを抱いて困っている人たちに寄り添う場として、石川県内はもちろん、全国からも注目を集めています。


がんを抱えた人や家族・友人が交流する3階のサロンルーム。

「元ちゃんハウス」とは?

 医療・介護の専門職も常駐。予約なしで気軽に訪問できる「元ちゃんハウス」を運営するのは、NPO法人「がんとむきあう会」。そのコンセプトと空間の参考となっているのは、イギリス発祥のマギーズキャンサーケアリングセンター(以下、マギーズセンター)です。

 乳がんが再発し、余命数ヶ月と医師に告げられたマギー・ケズウィック・ジェンクスさんが、「病人ではなく、ひとりの人間として自分を取り戻せるための空間やサポートを受けられる、がん患者のための空間がほしい」という思いが元となり、1996年、エジンバラで開設されたマギーズセンター。現在はイギリス国内外に21ヶ所のセンターがあり、2016年10月10日に開設された東京・豊洲にある「マギーズ東京」も、そのうちのひとつです。

 病院の外にあり、予約の必要もなく、費用もかからない。友人の家のようなゆったりと落ち着いた空間が広がっていて、お茶を飲みながらのんびり過ごすこともできれば、常駐する看護師や歯科医師、栄養士などのスタッフと話もできる。こうしたところは、マギーズセンターと同じです。

 施設の名称となっている「元ちゃん」は、がんとむきあう会の前理事長で、金沢赤十字病院副院長だった外科医の西村元一さんからきています。進行性の胃がんで「何もしなければ余命半年」と告げられてからも開所のための尽力を続けられた西村先生は、2017年5月に逝去されました。


元ちゃんハウス内にさりげなく飾られている、西村先生の写真

思い思いの過ごし方ができる空間

 元ちゃんハウスは兼六園に程近い、市の中心部にあります。また石川県に5つ、金沢市では3つあるがん診療連携拠点病院のうちの2つである金沢医療センターと金沢大学附属病院までは徒歩6〜7分程度です。オープンしてすぐ金沢医療センター、金沢市の三者で「がん患者への支援に関する協定」を結び、2018年1月には金沢大学附属病院とも同様の三者協定を結んでいます。

 エントランスをくぐると、目の前に広がるのは大きなテーブルがおかれたコミュニティルームです。がんを抱えた人や家族・友人はもちろん、地域の人がどのような目的でも気軽に訪れ、利用することができるほか、医療・介護の専門職であるスタッフが常駐しているので、お茶を飲みながら一緒に話をすることもできます。

 3階にあるのはサロンルームで、ここでは第2・4火曜と第1土曜の月3回、13:00〜16:00に、がん患者さんやご家族・友人が交流するための場「金沢マギー」が開かれます。L字型に広がる空間には大きなケヤキの一枚板のテーブル、畳敷きの小上がり、ソファの置かれたスペースなどがあり、思い思いの過ごし方ができます。そして必要があれば、個室でゆっくりと相談をすることもできます。

 またサロンルームには、キッチンが備えられ、第1土曜の11:00〜13:00には、金沢市から委託を受けた健康のための料理教室が行われています。

 4階にあるのはセミナールームで、がんとむきあう会が主催する「金沢マギー まなびの教室」(偶数月第1土曜の14時から)や、金沢市主催の健康教室などが行われるほか、レンタルスペースとしても地域に開放しています。


3階のサロンルームの個室、ほかの人を気にすることなく話すことができる


サロンルームには設備の整ったキッチンがあり月1回、料理教室が行われている


4階のセミナールームではさまざまなセミナーが開催されている

元ちゃんハウスの来訪者はオープン後1年間で1017名!

 「忙しそうにしている医師やスタッフになかなか話しかけられない」という人が悩みを相談したり、検査結果を待つ合間にちょっと世間話をしに来たりと過ごし方は様々だそう。

 「少しでも話を聞いて、寄り添うことが一番。ひとりではないことをわかってもらって、自分を取り戻すお手伝いができたら」と話すのは西村先生の妻であり、現理事長の西村詠子さん。

 ご興味のある方はぜひ一度、訪問されてはいかがでしょう。

関連記事

金沢にもマギーのような場所がほしい! 〜「元ちゃんハウス」ができるまで(1)〜
金沢にもマギーのような場所がほしい! 〜「元ちゃんハウス」ができるまで(2)〜

■参考
・元ちゃんハウス
石川県金沢市石引4-4-10 越屋メディカルビル1.3.4階
開所時間:
(1階コミュニティルーム)月曜〜金曜 11:00〜15:00
(3階サロンルーム[金沢マギー])第1土曜、第2・4火曜13:00〜16:00

NPO法人「がんとむきあう会」
tel&FAX 076-232-5566

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
10月15日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
池袋がん哲学外来・ 帰宅中カフェ
10月16日(火) 東京都
患者さん・一般の方向け
JCHO東京新宿メディカルセンター がん患者サロン 第4回目:「こころの持ち方」と対話、修了式
10月16日(火) 愛知県
患者さん・一般の方向け
名古屋市立大学病院 第60回患者情報ライブラリーセミナー「がんとこころのケア」
10月16日(火) 埼玉県
患者さん・一般の方向け
埼玉県立がんセンター ホスピス緩和ケア週間「知って得する!生活の質を高めるひと工夫」
10月17日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
第99回 マンマチアー(Mamma Cheer)"チアー活動"「がんのアンコンシャスバイアス(無意識の偏見)を解放する」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ