2018年01月25日

【連載更新】No.4 HBOCへの対応 日本の現状、欧米との違いとは?

キーワード:医療費・制度 治療
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

 新連載遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから(中村 清吾/昭和大学病院ブレストセンター長)を更新しました。No.4 HBOCへの対応 日本の現状、欧米との違いとは? では、すでに遺伝性乳がん卵巣がんの遺伝子検査が普及した海外の国の事例と、現在の日本の受診率、費用について、問題点、そして今後の課題について解説をいただきました。

 

韓国の遺伝子検査は個人負担が1万円以下。
日本では全額自己負担で20〜30万円。


 日本においても、遺伝性乳がん卵巣がんに関するBRCA遺伝子検査は、医療機関で実施可能ですが、全額自己負担となり、費用は20〜30万円と決して安くありません。アメリカではBRCA遺伝子検査が年間30万件以上行われているのに対し、日本では年間千件に届かないのが実情です。

 また、韓国では、BRCA遺伝子検査が保険適応となっており、個人負担が1万円以下。遺伝カウンセリング後の検査施行率は9割にものぼります。

 その理由としては、韓国において、HBOCの大規模な研究が行われたことが大きいでしょう。数千の症例をデータとして蓄積し、国民の中に遺伝性乳がんの女性が一定数存在することや、対策を講じれば乳がんによる死亡率を減少できるなどの研究成果が発表され、その結果として、保険適応が実現できたのです。

続きを読む

遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
オピニオン トップページ

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
イベント・セミナー情報
10月18日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
がん制度大学 テーマ2 障害年金と手続き
10月19日(土) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
第17回 川崎駅前 がん哲学外来・カフェ
10月19日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野
10月19日(土) 大阪府
患者さん・一般の方向け
リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ
10月19日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
乳房再建を自分の言葉で話す会(NJH)
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜医師、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
横山 淳子(パナソニック健康保険組合 保健師 )
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ