2018年01月09日

キャンサーフィットネス創立者・広瀬真奈美さんインタビュー

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
 運動を通して、がん患者のQOL向上を支援する一般社団法人キャンサーフィットネス。ウォーキング教室や術後1年未満の人を対象とした運動教室のほか、がん患者の健康と体力づくりに関する知識を身につけるためのスクール「ヘルスケアアカデミー」、「がんサバイバーのための減量と栄養の勉強会」を、東京各所にて開催しています。

 ご自身も乳がんサバイバーである代表理事の広瀬真奈美さんから、「キャンサーフィットネス」を設立するまでの道のりと、がんサポーティブケアに対する想いをうかがいました。


キャンサーフィットネス創立者の広瀬真奈美さん

乳がん術後、ままならない体に絶望感も

 広瀬さんが乳がんと診断されたのは2008年のこと。左乳房切除術(全摘手術)を受け、左側のリンパ節を郭清、放射線治療も行い、退院した時には、手が思うように挙がらなくなっていたといいます。

 「私は病院でリハビリテーションを受けることができませんでしたし、当時はそのことを相談する場所もありませんでした。40代、50代は家庭や子育てがあって、仕事もある。あとは親の介護や世話といったこともある。私もいろいろやらなければならないことがあるのに体がままならない。『果たしてこの体で日常の生活に戻れるのか』と絶望的な気持ちになりました」

 そうした時に広瀬さんが出会ったのは運動でした。

 「たまたま海外の雑誌に、アメリカの『Moving For Life』という団体が行っている『がん患者さんの運動療法』を紹介した記事を見つけて『なんて楽しそうなの』と思って、ジムでエアロビクスに参加するように。音楽に合わせて体を動かしていると楽しくて、前向きな気持ちになり、腕の可動域も改善したんです」

 運動療法の効果を自ら実感した広瀬さんは、抗がん剤治療中から専門学校に通い、日本フィットネス協会のインストラクター資格を取得。その後、治療が終了した段階で渡米し、「Moving For Life」にて、がん患者のための運動療法を学び、認定インストラクター資格を取得しました。

 「2011年には乳がん患者を対象とした『乳がんフィットネスの会』を始めたのですが、この活動を通して『運動プログラムをもっと日本に広める必要がある』と心に決め、キャンサーフィットネスを設立しました」

つらいときは、思い切って『3秒の勇気』

 次第に日本でも「がんリハビリテーション」が注目されてきましたが、まだ患者さんには行き渡っていないと広瀬さんは言います。

 「ここ1〜2年、理学療法士さんをはじめとする医療者から問い合わせが増えて、見学にいらっしゃる方もいます。講演に呼んでいただく機会も増えました。良い傾向だとは感じていますが、まだまだこれからかと。私たちが今後取り組むのは、『がんリハビリテーション』の重要性を伝えていくことです。がん患者さんと医療者をつなぐプラットフォームであるべきだと考えています」

 また患者さんに対しては、がんの治療による体調不良や痛みで、精神的に落ち込み、何もかもが嫌になってしまうこともあるかもしれないけれど、そういう時こそ体を動かしてほしいと話します。

 「いきなり運動じゃなくてもいいんです。『えいっ』と思い切って3秒だけ外に出て、空を見上げたり太陽の光を浴びたりしてみて。少し歩くとか、深呼吸をするとかで十分。この『3秒の勇気』から、だんだんと体を動かせるようになるんです。家事や普段の生活で体を動かすのもいいですよ」

 乳がんの人は治療の影響で太りやすくなることが知られていますが、広瀬さんはこの2〜3年、病院からの依頼で乳がん患者の体重コントロールの研究に協力しているそうです。

 「がんになってしまったのは大変なことだけれど、これをきっかけに食生活や生活習慣を見直して、健康づくり、体力づくりをしてほしい。これからも20年、30年つきあっていく自分の体ですから」

■参考
一般社団法人キャンサーフィットネス

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

おすすめイベント

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
05月21日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
元気になろう!CFリハビリフィットネス教室(体力回復)
05月21日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
術後はじめてのCFリハビリフィットネス教室
05月21日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
キャンサーフィットネス教室(運動初心者向け)
05月22日(火) 石川県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
西村先生を偲んで 金沢マギー同時開催  DVD「支援をするもの・受けるもの」鑑賞会
05月23日(水) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
2018年度 がんとお金 知って得するみんなの制度「医療費が高額になったとき ~高額療養費制度~」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ