2017年12月12日

日本のがん医療の変革を目指す「がん患者大集会」〜後編・がん患者だからできること〜

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

がん患者が、自分の生き方を考える場をつくる

 特別講演の後は、講演・医師の部として、岐阜市民病院のがん診療局長である澤祥幸先生が登壇。テーマは「がん医療における患者力」です。

 2014年より世界肺癌学会アドボカシー委員として、国際的な肺がん患者支援活動に参画している澤先生。「医療スタッフだけではなく、患者もコミュニケーションスキルが必要であること」、「患者力とは、情報収集力・分析力・調整力など有能なビジネスマンに通じる」といった内容のお話がありました。

 続いては、講演・患者の部として2人の演者が登場。1人目は「がん患者グループゆずりは」の代表・宮本直治氏が登壇。テーマは「‟生き方を考える活動"を通して見えてきたもの」です。

 2007年にステージⅢの胃がんと診断された宮本氏。2011年には西本願寺で僧籍を取得、2012年には所属していた「がん患者グループゆずりは」の代表となりました。


がん患者グループゆずりは代表の宮本直治氏

「医療に頼っても、がん患者の足元は不安定です。自分の生き方を自分で考える場が社会にない」と‟生き方を考える活動"とそうした"場"をつくることに力を入れているそうです。

 2人目はNPO法人日本がん・生殖医療学会の理事・阿南里恵氏による講演で、テーマは「がんのその後の人生設計」です。

 23歳の時に子宮頸がんと診断された阿南氏は、治療後にリンパ浮腫を発症し、就労をはじめとする多くの問題に直面してきました。

 「がんから得た気づきとして、ダイバーシティ・マネジメントの推進を考えています。がん患者だけじゃなく、いろんな事情を抱えた人が働きやすい環境をつくりたい」と講演を結びました。

患者はもっと自分の声を社会に届けるべき

 第二部では、福祉ジャーナリストの町永俊雄氏をコーディネーターに迎え、シンポジウム「患者の力をどう活かすか」が行われました。シンポジストには、第一部に登壇した中村教授、澤先生、宮本氏、阿南氏の4名に、東京医科歯科大学医学部附属病院腫瘍センター長である三宅智先生が加わりました。


第二部のシンポジウムの様子

 シンポジウムのテーマは、第13回「がん患者大集会」のメインテーマである「これからのがん医療が目指すもの 〜患者の力をどう活かすか?〜」です。

 患者の力を活かすためにするべきこととして「患者は国、医療機関だけではなく、もっと社会に対しても、経験者として声を届けるなど、様々な形でアピールするべき」というところでシンポジストの意見が一致。最後に、三宅先生からは「患者さんと医療従事者は対立軸で考えられることもありますが、社会や行政に共同体として発信できるようなシステムができればいいなと思います」とコメントがありました。


厚生労働省 がん・疾病対策課の丹藤昌治氏に アピール文を手渡す浜中氏

 シンポジウムに続き、厚生労働省と日本医師会に対しアピール文が提出され、会は終了しました。

 次回、第14回がん患者大集会は、2018年11月に東京都あるいは関西地区にて開催の予定です。がん経験者だけでなく、医療関係者、がん医療に興味のある人であればどなたでも参加できます。

■関連
日本のがん医療の変革を目指す「がん患者大集会」〜前編・最新のがんゲノム医療について学ぶ〜

■参考
NPO法人がん患者団体支援機構
 

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

 
(日本医療・健康情報研究所)

おすすめイベント

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
05月21日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
元気になろう!CFリハビリフィットネス教室(体力回復)
05月21日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
術後はじめてのCFリハビリフィットネス教室
05月21日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
キャンサーフィットネス教室(運動初心者向け)
05月22日(火) 石川県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
西村先生を偲んで 金沢マギー同時開催  DVD「支援をするもの・受けるもの」鑑賞会
05月23日(水) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
2018年度 がんとお金 知って得するみんなの制度「医療費が高額になったとき ~高額療養費制度~」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ