2017年12月07日

日本のがん医療の変革を目指す「がん患者大集会」〜前編・最新のがんゲノム医療について学ぶ〜

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
 日本のがん医療の変革を目指し、毎年行われる「がん患者大集会」(主催;NPO法人がん患者団体支援機構)が2017年11月26日、東京医科歯科大学M&Dタワー2F 鈴木章夫記念講堂において、開催されました。13回目にあたる今回は、「これからのがん医療が目指すもの 〜患者の力をどう活かすか?〜」というメインテーマを掲げています。


開会の挨拶を行った
NPO法人がん患者団体支援機構 理事長の浜中和子氏

 NPO法人がん患者団体支援機構理事長の浜中和子氏は開会の挨拶の中で、今年の10月24日に「第3期がん対策推進基本計画」が決定されたことに触れ、「『がん医療の充実』の項目の中で、一番に挙げられたのは『がんゲノム医療』※でした。そこで、本日はがんゲノム医療の第一人者であるシカゴ大学の中村祐輔教授をお招きしたので、ぜひみなさんにゲノム医療について勉強をしてほしい」と来場者に語りかけました。

 さらに「がん対策を総合的かつ計画的に推進するために必要な事項」として「がん患者を含めた国民の努力」「患者団体等との協力」ということがあげられていることを示し、

 「そのためには私たちも勉強が必要です。患者力をいかに活かすか、ということを、この場においてみなさんと考え、議論していきたい」と続けました。

※がんゲノム医療......ゲノム(DNAのすべての遺伝情報)を活用したがん医療のこと


(厚生労働省WEBサイトより転載)

ゲノム医療を活用したがん医療とは

 第一部が始まり、シカゴ大学の中村祐輔教授が登壇。「がんを治癒するために何をなすべきなのか!?」というテーマで特別講演が行われました。

 冒頭、中村教授は、日本のがんゲノム医療が、アメリカ、ヨーロッパから大きく遅れをとっている現状について触れ、

 「オバマ元アメリカ大統領が、2015年の一般教書演説において、ゲノム情報を利用したプレシジョン医療を始めようと宣言。アメリカでは、今、国をあげて個々の患者さんに合った医療を提供しようということで、医療体系が大きく変わりつつある」と話しました。


がんゲノム医療に詳しい、シカゴ大学医学部の中村祐輔教授

 続いて、中村教授は「がんの治癒率を上げるためには?」と題し、「がんのスクリーニング率の向上」「がんの超早期再発診断法の開発」「最適な治療法選択」「新しい治療薬の開発」とゲノム情報の活用の可能性を指摘しました。

 ゲノム医療の最初の鍵になるDNAの分析法については「驚くべき速度で進歩している。現在は、リキッドバイオプシー(血液や唾液、尿など)に含まれるDNAから、その人のがんがどのような性質なのかがわかる時代になってきました」とコメント。

 がんの部位によって異なりますが、乳がんについては血液中のDNAでがんが80%以上検出できるという研究結果が紹介されました。

 さらに「リキッドバイオプシーを活用して、非常に簡単に、侵襲を少なくがんをスクリーニングしたり、がんの再発をモニタリングしたりできる。薬が効いたがどうかについても、画像で診断するよりも早くリキッドバイオプシーで確認できる可能性があります」といった話がありました。

2割の日本人は、タモキシフェンが効かない

 また治療薬の選択の話の中では、乳がんホルモン療法で使われている「タモキシフェン」に触れられました。

 「タモキシフェンは体内の酵素によって活性型にならないと効かないのですが、日本人の約20%はこの酵素が無いか働きが弱く、活性型タモキシフェンをうまく作ることができません。日本の医療現場では、まだこのことが周知されていないまま、この薬剤が使われています。遺伝子検査で調べれば、他の有効な治療法に変えるということもできるのですが」(中村教授)

 その後は免疫療法の話になり、今、話題の免疫チェックポイント抗体治療の課題と、新免疫療法の開発の重要性に言及し、特別講演は終了しました。

後半へ続く≫日本のがん医療の変革を目指す「がん患者大集会」〜後編・がん患者だからできること〜

■参考
NPO法人がん患者団体支援機構
 

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
10月15日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
池袋がん哲学外来・ 帰宅中カフェ
10月16日(火) 東京都
患者さん・一般の方向け
JCHO東京新宿メディカルセンター がん患者サロン 第4回目:「こころの持ち方」と対話、修了式
10月16日(火) 愛知県
患者さん・一般の方向け
名古屋市立大学病院 第60回患者情報ライブラリーセミナー「がんとこころのケア」
10月16日(火) 埼玉県
患者さん・一般の方向け
埼玉県立がんセンター ホスピス緩和ケア週間「知って得する!生活の質を高めるひと工夫」
10月17日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
第99回 マンマチアー(Mamma Cheer)"チアー活動"「がんのアンコンシャスバイアス(無意識の偏見)を解放する」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ