2017年12月04日

【Q&A紹介】KAE'S ROOM「仕事を辞めようか悩んでいます」「術後、初めて旅行に行くんですが大浴場が不安です」

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

KAE'S ROOM 藤森香衣がお答えします

 モデルの藤森香衣さんは、自ら乳がんを患った経験から、がんサバイバーを支援するNPO法人C-ribbons(シーリボンズ)を立ち上げました。イベントやホームページでの情報提供を通じて、乳がんサバイバーやそのご家族のサポートを行っています。

 今回は、たくさんのサバイバーさんのお話を聞いてきた藤森さんが回答するQ&Aコーナー「KAE'S ROOM」をご紹介します。


NPO法人C-ribbons(シーリボンズ)

仕事、温泉、など...悩みは様々。
実際に聞いた悩みについて丁寧に回答

 藤森さんは祖母の事で「患者の家族」としての立場を経験し「友人」の闘病を経験し、ご自身が「患者」になった体験を活かし、1つ1つの質問に丁寧に回答をしています。多くのQ&Aからいくつかご紹介します。

Q.がんの告知をされ、仕事を辞めようか悩んでいます。まだ、治療期間がどれぐらいになるのか、決定していないのですが、会社の上司や同僚に迷惑を掛けたくないのと、「病気になってしまった人」と言う目で見られたくありません。こんな気持ちで、仕事を続けられるのか、とても不安です。

 病気が分かったばかりで、とても混乱もされていることと思います。 主治医は、どのようにおっしゃっていますか? もし、「お仕事を続けながら、治療ができます」だったり「少しお休みして治療すれば、お仕事にも復帰できますよ」ということであれば、今すぐに辞めるという決断は、しない方が良いと思います。

私は、フリーランス(個人事業主)なので、仕事を休んだら収入がなくなりますが、会社員の方には様々な保証があります。 今は告知されたばかりで、「もう、他のことなど考えられない」と思うと思いますが、治療をしていくためにお金がかかるという現実とも、立ち向かわなくてはなりません。

会社員の方にオススメなのが、『がん制度ドック』です。 これは、ご自身の年齢や職業などを入力すると、必要な情報を教えてくれるサイトです。

全文を読む(C-ribbons HP)

Q.術後、初めて旅行に行くんですが大浴場が不安です。傷を人に見られるのではないかと考えると、気が重いです。

 他の女性と一緒に入る大浴場は、緊張しますよね。

 私は祖母も乳がんだったので、そうしたサバイバーの女性の気持ちを幼い頃から見てきました。 私も初めて大浴場に行く時は、緊張しましたよ。 (体質で、再建の傷が今でも消えないので)見られてるんじゃないか...と、いつも思ってしまいます。 で、お風呂に行って気づいたのは、「他人は思ったより、人のことなど見ていない」ということ。

 もちろん、「どんな人か」の確認で、チラッと相手を見たりはしますが、そんなにじっくり観察しません。 だって、人の体なんかより、自分が温泉を楽しみ、癒される方に気が向くからです。

 最近、洗い場は"個別"になっていたりもしますから、隣の人が見えにくい作りだったりします。 湯船にタオルを浸けるのは禁止されているところが多いので、体に巻いたまま、お湯には入れませんが... ギリギリまでタオルで体を隠して行き、なんとなく後ろを向いて少しずつ、体をお湯に沈めつつ、タオルは頭の上に乗せる!...というワザを覚えました。

全文を読む(C-ribbons HP)

 その他、Q&Aはこちらから>KAE'S ROOM(C-ribbons HP)

C-ribbonsについて

C-ribbonsでは、就業支援の「サバイバーワークス」と輝き支援の「サバイバービューティー」のふたつの活動テーマを掲げ、年間を通して、女性がキラキラと輝いて人生を歩めるような就業支援活動とイベント活動を行い「心」と「体」の輝きを提供します。

・就業支援「サバイバーワークス」 がん治療には、お金と時間が掛かります。 その一方で、以前と同じ職場では働くことができなくなったり、様々な理由で再就職が難しい方も多くいらっしゃいます。C-ribbonsでは、サバイバーの方が在宅業務ができるよう、ITスキルの習得を支援し、闘病後の就業率の向上を目指します。

・輝き支援「サバイバービューティー」

サバイバーや周りの方々は闘病生活により「心」と「体」に大きな負荷がかかり病気前の輝きを取り戻せない場合があります。C-ribbonsでは、輝きを取り戻すイベントを開催します。

NPO法人C-ribbons(シーリボンズ)
(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
11月17日(土) 新潟県
患者さん・一般の方向け
がん治療と就労 両立支援セミナー
11月17日(土) 三重県
患者さん・一般の方向け
第58回あけぼのハウス三重「ヨガ講座」
11月17日(土) 愛媛県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
がん哲学外来 坂の上の雲 暖だんカフェ
11月17日(土) 東京都
患者さん・一般の方向け
第4回男性乳がんの会メンズBC
11月18日(日) 宮城県
患者さん・一般の方向け
Pink Ring【東北branch】【Cancer Share Time―若年性乳がん体験者と支援者が語り学ぶ1日―】
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ