2017年10月26日

「乳がん」発見のきっかけ40%が「セルフチェック」 79%が罹患中も仕事に就いている

キーワード:ライフスタイル 治療
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
 乳がんに気付くきっかけは「セルフチェック」だった。早期に乳がんが発見された患者の37%は年1回の乳がん検診を受けていた――乳がんを早期発見するために検診を定期的に受けることが大切であることが、ドコモ・ヘルスケアの調査で明らかになった。

 10月は「乳がんの早期発見・早期治療」を啓発、推進する「ピンクリボン月間」となっている。これに合わせ、ドコモ・ヘルスケアが乳がん患者の女性160人を対象にアンケート調査を実施した。

 乳がん患者のコミュニティサイト「イルイル」や乳がん患者会、ピンクリボン団体などの協力を得て行ったもので、乳がんに気付いたきっかけ、検診、情報収集、治療と仕事の両立についてなどの調査内容になっている。

乳がんに気付いたきっかけは4割が「セルフチェック」

 乳がんに気付いたきっかけを尋ねたところ、「セルフチェック」(40%)、「マンモグラフィ検査」(37%)という回答が得られた。次いで「超音波検査」(19%)、「視触診」(14%)となっている。「その他」と回答した人の中には「たまたましこりに触れて気付いた」というコメントもみられた。

 ステージ0~1の早期に乳がんが発見された患者に、乳がんと診断される前の検診受診頻度を聞いたところ、「年1回」(37%)、「2年に1回」(16%)、「年に2回以上」(3%)となり、合わせて56%に上る。早期発見者の半数以上が乳がん発見前に2年に1回以上の頻度で検診を受けていたことが分かった。

 乳がん発見後、病気に関する情報をどこから収集したか尋ねると、「インターネット」(63%)という回答が、「主治医」(78%)の次に多かった。「同じ病気の患者のブログ」(31%)が、「看護師など主治医以外の医療者」(25%)を5ポイント上回っており、医師・看護師と同程度に、インターネット上の情報を頼りにしているということが分かった。

79%が罹患中も仕事に就いている 「仕事は続けた方が良い」

 乳がん発見前に仕事をしていた人に、乳がん発見後の就労状況について聞いたところ、「休職せず仕事を続けた」(46%)、「休職して復職した」(24%)、「やめたが再就職した」(9%)となり、79%が罹患中の現在も何らかの仕事に就いていることが分かった。

 また、乳がんを経験した立場から、他の女性たちに勧めたいことについて聞いたところ、「仕事は続けた方が良い」というアドバイスが多く集まった。

 乳がん発見後、治療と仕事の両立について誰に相談したか尋ねると、「会社の上司・同僚」(36%)が多く、「主治医」(30%)、「家族」(28%)と続いた。18%は「誰にも相談していない」と答えており、「友人・知人」(12%)よりも多かった。

マンモグラフィ検診の定期的な受診が大切

 湘南記念病院乳がんセンター長の土井卓子氏は今回の調査について、「セルフチェックは、女性が自分のからだの変調に気がつくための大切なきっかけです。タイミングとしては、月経前は乳房が張るので、月経後が適切です」とコメントし、「しかし、セルフチェックで発見できるのは、ある程度大きくなってからのがんなので、小さながんを早期発見するためには十分ではありません」と解説している。

 「セルフチェックだけで安心するのではなく、マンモグラフィ検診も定期的に受診することをお勧めします」と、土井氏は指摘している。

 さらに、「がんと診断されると、仕事をやめてしまう人もいますが、現在では、さまざまな治療法が出ています。仕事を続けながら行える治療も増えているので、常に前向きにとらえましょう」とアドバイスしている。

カラダのキモチ(ドコモ・ヘルスケア)
(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
12月10日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
元気になろう!キャンサーフィットネス リハビリフィットネス教室
12月10日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
術後のからだケア キャンサーフィットネス リハビリフィットネス教室  〜からだの調整・柔軟性をとりもどそう〜
12月10日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
入門キャンサーフィットネス教室(運動初心者向け)〜からだのバランスと持久力を回復させよう〜
12月11日(火) 愛知県
患者さん・一般の方向け
名古屋市立大学病院 患者情報ライブラリーセミナー「乳房再建」 人工物と自家組織 自然な形態を目指して
12月12日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
女性がん患者のためのヨガ教室 さくらキャンサーヨガVol9
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ