2017年10月06日

看護師FP・黒田ちはるさんに聞く(5)  がんに罹患していない人にこそ知ってほしい「がんとお金の問題」

  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
 これまで、看護師でありファイナンシャルプランナー(以下FP)の黒田ちはるさんにがん経験者のお金の悩みや相談、そしてその対策について4回にわたって話をうかがってきました。最後となる5回目は、がんに罹患していない人へ向けてのメッセージです。黒田さんは、がんに罹患していない人にこそ「がんとお金の問題」について、もっと知ってほしいと言います。

自分の大切な人が困らないために

 看護師として、多くのがん患者さんと接してきましたが、誰しもがんの告知を受ければ頭が真っ白になりますし、自分の命のことを考えて、それだけでいっぱいいっぱいになってしまうものです。そうした状況でお金のことも考えて、うまく対処するというのは本当に大変なことです。

 そんな患者さんに対し、ご家族や友人といったそばにいる人が「こういう制度があるよ」と声をかけてあげることで、患者さんの不安が軽減されて、治療にもより専念できます。がんに罹ったことのない方が、こうした「がんとお金の問題」を知っておけば、ご自身の将来のリスクに備えることができるのはもちろんですが、それ以上に、まわりの大切な人たちが病気になったときに力になれるのではないでしょうか。

 私の看護師FPとしての活動のテーマは「どうやったら健康な人に他人事ではなくて、病気とお金のことを知ってもらえるか」。病気に罹っている人もそうで無い人も、病気やお金のことをきちんと知って、話せる環境が作れるように活動をしていきたいと考えています。

 繰り返しになってしまいますが、生涯で2人に1人ががんにかかる時代です。「自分は病気にならない」と考えたいですし、つい無意識にそう思ってしまうものですが、「病気になってから、お金のことは考える」というのはやめにしていただきたいです。

■取材協力/黒田ちはるさん
黒田ちはるFP事務所

■取材・文/瀬田尚子
出版社勤務を経て、フリーランスのライター・編集者に。医療・健康分野を中心に雑誌、書籍、WEBメディアなどで取材・執筆を行う。

(日本医療・健康情報研究所)

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
がん治療を楽にする口腔ケア
百合草 健圭志(静岡県立がんセンター 歯科口腔外科部長)
人工乳房製作者「ブレスト・アーティスト」について
林 かおり(ブレストケア京都株式会社 代表取締役社長)
「がんと就労」広がる病院内での就労相談
近藤明美 (近藤社会保険労務士事務所)
イベント・セミナー情報
10月15日(月) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
池袋がん哲学外来・ 帰宅中カフェ
10月16日(火) 東京都
患者さん・一般の方向け
JCHO東京新宿メディカルセンター がん患者サロン 第4回目:「こころの持ち方」と対話、修了式
10月16日(火) 愛知県
患者さん・一般の方向け
名古屋市立大学病院 第60回患者情報ライブラリーセミナー「がんとこころのケア」
10月16日(火) 埼玉県
患者さん・一般の方向け
埼玉県立がんセンター ホスピス緩和ケア週間「知って得する!生活の質を高めるひと工夫」
10月17日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
第99回 マンマチアー(Mamma Cheer)"チアー活動"「がんのアンコンシャスバイアス(無意識の偏見)を解放する」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ