2017年09月13日

【婚活体験談の紹介】乳がんを乗り越えて、成婚しました

キーワード:ライフスタイル
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

乳がんサバイバーの婚活体験談をご紹介します

 しあわせ結婚相談所「KARUNA」の代表・田原 奈美さんのブログから、2名の乳がんサバイバーさんの婚活体験談をご紹介します。

今からの人生で病気になるかもしれないのもお互い様。
「だから私はリスクとは思っていません」

 最近成婚した女性(アラフィフ)から、ご自身のがんの経験が参考になるのであればと、メールをいただきました。
(以下、ご本人からのメール)

 婚活始めたころから治験でホルモン治療をし、半年後に手術をしました。

 髪がどうにか自前で婚活できるまでに約1年数か月。でもウィッグで婚活した時期もあります。私の見合い写真の、一番のお気に入りはこの頃ウィッグで撮った写真です。一番男性ウケもよかったです。

 なにしろ髪型がいつでもちゃんとキマりますから。あまりにもよかったので、免許証にも使ってしまいました。ウィッグでお会いした頃が、一番もてたような気もします。ちょっと複雑ですが。

 その前は前で、あとはあとで、やはり病気の話をするタイミングや言い方など悩みました。

 でも、相手の方がつきあってくれるかは、自分がそれを「ネックだと思ってるかどうか」でかなり左右されたと思います。やはり最初は自分では重い事実をリスク開示するような気分で打ち明けていたので、相手の引き方もはんぱなかったです。

>全文はこちら「乳がんを乗り越えて成婚しました、もう1名です」

とにかくやらないで後悔はしたくない。やってダメならあきらめもつきます。明るく前向きに頑張ります。

 面談の時、彼女が言った言葉は「とにかくやらないで後悔はしたくない。やってダメならあきらめもつきます。明るく前向きに頑張ります。」でした。

 結果、今回成婚の相手となった彼とは、12月のパーティで出会いました。出会ってからは、毎週末会って、2か月でプロポーズ。

 そして、今、婚活している方に、彼女からメッセージです。

「私のような乳がんというハンデがあっても、明るくやっていれば、きっと幸せはやってくると信じていました。また、1年間はとにかく頑張ろうと期間を設けて婚活に集中しました。今、みなさん色々な理由はあるとは思います、私のように病気のことがある方もいると思いますが、どうかくじけないでやっていって欲しいと思います。

>全文はこちら「乳がんを乗り越えて成婚しました」

■協力
しあわせ結婚相談所「KARUNA」
(日本医療・健康情報研究所)

おすすめイベント

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
11月17日(金) 北海道
患者さん・一般の方向け
旭川医科大学病院 腫瘍センター がん患者サロン ほっとピアセミナー「抗がん剤治療に伴う外見の変化へのケア」
11月18日(土) 愛知県
患者さん・一般の方向け
豊田厚生病院 第84回 がんサロン "煌(きらめき)" 「最近のがん相談の話題」
11月18日(土) 静岡県
医師・医療スタッフ・保健師向け
第11回がん看護フォーラム21 テーマ:今さら聞けないがん薬物療法とその副作用
11月18日(土) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
ピンクリボン湘南ウォーク
11月18日(土) 宮城県
患者さん・一般の方向け
がん患者さん支援のためのピアサポーター育成研修会 ~がんサロン編~
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ