2017年08月31日

【連載更新】No.9 これからの乳房温存術 オンコプラスティックサージャリ―

キーワード:乳房再建 治療
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

 連載更新「働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま」(辻 直子/セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師)を更新しました。

オンコプラスティックサージャリ―という考え方

 この言葉は、1990年代のヨーロッパで根治性と整容性のバランスを重視した様々な取り組みから生まれました。根治性を担保できる範囲の乳腺切除と同時に乳腺組織の移動を行う方法や、乳房固定術の要素を取り入れた乳腺部分切除などの方法など、温存後の変形を最小限に抑え欠損を修復する手技全般のことを指します。

  そもそも、乳房温存術が乳房切除よりも術後の整容性を維持するために始まったものですから、乳房温存術の目的は乳がんの局所制御と並んで術後の整容性をいかに保つかです。そのために切除の方法や術中に欠損を補填する工夫などを積極的に行うという考え方が広まってきました。

  日本では、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会が2008年に設立され、乳腺外科医と形成外科医が根治性と整容性について切磋琢磨しています。

 No.9 これからの乳房温存術 オンコプラスティックサージャリ―では、がんさえ治ればよいという時代ではなくなり、その後のQOL(生活の質)も重要視されている現在の医師側の方針や患者さん側に必要なことなどが述べられています。

 是非、本文をご覧ください。

>>
 続きを読む(No.9 これからの乳房温存術 オンコプラスティックサージャリ―)

オピニオン「働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま」

(日本医療・健康情報研究所)

働く女性の乳がんセミナー「乳がん患者さんの恋愛・婚活・結婚生活」

おすすめイベント

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
09月20日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
キャンサーフィットネス 朝陽ウォーキング@明治神宮
09月20日(水) 神奈川県
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
乳がん、婦人科がんの下着・補正パット・リンパ浮腫でお悩みの方 ☆藤沢相談会・試着会☆
09月20日(水) 愛知県
患者さん・一般の方向け
藤田保健衛生大学病院患者さん向けがんセミナー「抗がん剤治療と医療福祉相談」
09月22日(金) 東京都
医師・医療スタッフ・保健師向け
第5回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会(9/21-9/22)
09月22日(金) 東京都
患者さん・一般の方向け
国立がん研究センター 第14回公民館カフェ 「40~50歳代のハザマ世代のがんを考える」
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ