2017年07月31日

【連載更新】No.8 乳房温存術後の乳房再建 時期や方法の選択について

キーワード:乳房再建 治療
  • twitterでつぶやく
  • 乳がん治療と乳房再建の情報ファイル

 連載更新「働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま」(辻 直子/セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師)を更新しました。

実際に「手術前後」の症例を見てみましょう

 温存術後に脂肪注入を行う場合、乳房は切開せずに細い針もしくは先端の丸い、細長い筒状の医療器具カニューレで脂肪を注入するため、傷はほとんどできません。

 脂肪の採取部も小さな傷で済みますので、日帰り手術も可能で、皮弁移植に比べると手術侵襲はかなり小さいと言えるでしょう。日数を必要としないので、働く女性にも負担がかからない方法ですね。

 さらに、脂肪幹細胞による組織の質が改善、つまり、皮膚や軟部組織が柔らかく、血行の良い状態へ変化する効果が期待できます。

 放射線照射後に生じた組織の硬化、線維化が改善することで、より良い整容性が得られるため、近年脂肪注入が広まってきたことは乳房温存術後の患者さんにとっては良い選択肢が増えたと言えるでしょう。

 No.8 乳房温存術後の乳房再建 時期や方法の選択についてでは、患者さん1人1人の「ベストな再建方法」探しのヒントになるように各再建方法の特徴を説明しています。実際の症例の写真(セルポートクリニック横浜で行った手術)もご覧いただけます。

 是非、本文をご覧ください。

>>  続きを読む(No.8 乳房温存術後の乳房再建 時期や方法の選択について)

オピニオン「働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま」

(日本医療・健康情報研究所)

おすすめイベント

関連ニュース・トピックス

ニュース・キーワード

ニュース・トピックス
オピニオン
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-
辻 直子(セルポートクリニック横浜院長、杏林大学形成外科非常勤講師 )
がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~
錦戸 典子(東海大学大学院健康科学研究科)
病気になっても仕事を続けるための支援
荒木 葉子(荒木労働衛生コンサルタント事務所)
乳がんとともに生きる人を理解する
青木 美保(帝京大学医学部附属病院 帝京がんセンター 認定遺伝カウンセラー)
キチンと手術・ホンネで再建(KSHS)~乳がんぶっちゃけ話~
溝口 綾子(一般社団法人KSHS 代表 )
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)のいまとこれから
中村 清吾(昭和大学医学部 外科学講座乳腺外科学部門教授、 昭和大学病院ブレストセンター長)
イベント・セミナー情報
10月18日(水) 東京都
患者さん・一般の方向け
医師・医療スタッフ・保健師向け
☆無料下着相談会・試着会in池袋☆
10月18日(水) 愛媛県
四国がんセンター がんとお金 知って得する みんなの制度  テーマ「介護保険 ~療養生活で人の助けやベッド等の物品が必要になったとき~」
10月19日(木) 岡山県
患者さん・一般の方向け
がんになっても自分らしく~気軽にがん相談フェスタ~(岡山大学病院主催)
10月19日(木) 福岡県
患者さん・一般の方向け
九州大学病院がんセンター クローバー会 第2回 安心して治療に取り組むために 〜 がんの療養と緩和ケアについて 〜
10月19日(木) 石川県
患者さん・一般の方向け
化学療法後の運動と生活
トップページ 治療と乳房再建の基礎知識 乳がんと診断されたら 乳がんの治療について 乳房再建について 治療と仕事 医療費・制度 乳がん患者会 全国マップ ニュース・トピックス イベント・セミナー情報 オピニオン アンケート 調査・統計 このサイトについて お問い合わせ